日本伝統家屋と「風水」!!

伝統家屋と風水

 

風水にかなっていない日本の伝統的家屋

日本の家屋にとって、火事は大敵でした。だから火付けは、大罪だったのです。また昔は、多産多死で子供や大人も健康を害する人は多く、若くして死ぬ人は多かったものです。長く続いた家には、表向きは優雅に見えても、中に入るといろいろなドラマがあったものなのです。重要文化財として今に残っている実例を見てみますと、風水にかなった家もあるし、まったくかなっていない家も多くあります。便所やお風呂、あるいはかまどや井戸が鬼門や裏鬼門にある家も、多<見受けられます。増築を繰り返したために、そうなった家もあります。そして、家の歴史を紐解けば、案の定、火事に遭ったり、家族が早死にしたりしているのです。

 

日本の伝統的家屋に共通するかたち

町屋には大きく分けて、今井型と京都型があります。「今井型」は、農家から発祥した二列居室で、畳の部屋は六室が基本、平面形は正方形に近いものでした。つまり、寺社仏閣や、曼荼羅にも登場する正方形の九分割に、限りなく近い形をしていました。「京都型」は一列居室の細長い形、俗に言う「うなぎの寝床」の形をしており、畳の部屋は三室を基本としています。そして、軒高もそろえ町並みを構成していました。また地方や場所によって、この二系統のみが存在していました。つまり、日本の家は、よ<似た形をしていたのです。また、共通して言えることは、家の中心を大切にして、家族の集まる部屋として使っていました。いまでは、マンションをはじめとして、家の中心は廊下や階段になってしまいました。

 

日本の伝統的家屋

人類の祖先は、洞窟を利用した横穴式住居から始まり、竪穴式住居へと移行していきました。その後、ご存知のように日本では、つい100年前までは、木造の平屋が大多数でした。おまけに、家の中の一部は土を固めたままの土間であり、床を張った場所の床下は、やはり土のままだったのです。つまり、現代のように土をコンクリートやアスファルトで遮断せずに、土とともに暮らし、大地のエネルギーを十分に取り込んでいたわけです。その後、二階建ての住宅が一般化されるようになっても、生活の中心はあくまで一階でした。一階を駐車場にしたり、倉庫にしたりすることもありませんでした。そして、一階に主要な部屋を配し、二階は倉庫や使用人の部屋など、おまけにしか過ぎなかったのです。

 

敷地内の環境と風水!!

家の内部の問取りばかりに気をとられ、ついつい外部を気にするのを忘れていませんか? 世間で風水というと間取りや色の話ばかりですが、敷地内にあるものも大切なのです。いくら狭いといっても、建物だけで、木が一本もないのは、家として不完全といえるでしょう。木や植栽からは、風を感じ季節を感じることができ、私たちの心を癒してくれます。だからといって、むやみやたらと植えては、問題となる場合も出てきます。そこで、次のような注意をすればいいでしょう。北には大樹があり、東には大きくならない木を植えるといいものです。また、風の通り道の鬼門や裏鬼門には、葉が密生する木は避け、落葉樹のほうが無難です。また、家の周囲に竹を植えると、「魔よけ」になるといわれています。古い山寺には、竹はつき物ですね。そして、南天も「難を転じてくれる」と言われています。

 

風水以外の脅威 【健康を害する家】

現代の家には、「シックハウス」というものも存在し、有害物質に溢れています。塗料、接着剤、ビニール製品などの工業製品から発散される有機化合物があります。建材やカーテン、シーツなどの布には防虫剤や防菌剤、防カビ剤などの薬品が使われており、それらがわれわれの健康を損なうのです。内装材は、近年やっと建築基準法で規制され始めてはいますが、日本の基準は先進国の中では最低レベルですから、信用できません。そのうえに、風水でみると「凶相の家」だったりすると最悪です。

 

おススメ風水グッズ「太極の指輪」

3000年前に、すでにできあがっていたと言われる太極のデザイン。運気が落ちている時、元気がない時に、この陰と陽を表す『太極の指輪』を身につけると、パワーアップできます。陰陽変化の根元とされる太極が、体内に陰と陽の生み出す力をつくりだして、自分のエネルギーを活性化させるので、運気がどんどん上昇していくのを実感できるはずです。ストレスが解消されるだけでなく、精神も安定して沈んだ気持ちも明るくなります。このプラス効果が、さらにプラス効果を呼び、ビジネス運もアップし、家族、友人、夫婦など、すべての人間関係が改善されて、充実した人生を手にすることができるようになる、まさに究極の開運アクセサリーです。

FEYCH メンズステンレス指輪リングスケルトン指輪太極拳八卦陰陽太極図トランプドクロ男子学生リングパンクロックアクセサリー

新品価格
¥719から
(2019/11/2 15:09時点)


トップへ戻る