六白金星の「大器晩成」を実現する方法!!【2019〜2020運勢】

六白金星の「大器晩成」を実現する方法!!【2019〜2020運勢】

「六白金星は大器晩成」 2019〜2020

大器晩成の風水

 

「六白金星は大器晩成」

 

六白金星は大器晩成だと言われています。

 

白金星は他の九星と違い、若いころに苦労をとても多く経験して人間的に磨かれれば磨かれるほど、中年以降に飛躍的に開運する不思議な運勢を持っています。
この理由は、六白金星の性質が発見されたばかりの鉱物であるため、人生の荒波にもまれて磨きがかかった方が、他に真似のできない素晴らしい輝きを放つためです逆に言えば、磨く前の「原石」という意味から、磨きがかからなければ、ただの石ころで終わる可能性も大なのです。

 

 

「大器晩成」を実現する方法

六白金星の方は「コミュニケーションがケンカ」といえるほどケンカばかりする方が多いのも事実です。六白金星の方は、リーダーシップを取るのが上手ですが、船頭は2人いらないのです。六白金星の方は真面目なだけに頑固な部分も目立ちます。しかし、このケンカによって六白金星は磨かれるのです。

 

 

風水で「大器晩成」

現在の家を部分的にリフォームすることで運気をアップさせることも、もちろん可能です。ここでは結婚、健康、子育て…などの願望別に、リフォームポイントを紹介。たとえば部屋の入れ替えをするなど、ちょっとした工夫をするだけで、運気の流れが変わることもあるのです。家づくりを進めていくうえで、最も頭を悩ますのが設計と間取りではないでしょうか。どの方位にどの部屋を配置するかによって、家と人の運気は大きく変わってくるものです。本章では玄関、リビング、キッチン、寝室…などの部屋別に、風水の設計ポイントを解説。凶相を避け、吉相をつくる参考にしてください。

 

 

風水ポイント【大器晩成】

●伝統的な日本家屋の二世帯住宅

●変形した敷地を植樹によって整えている

●門と玄関が吉方位にある

●仏壇、神棚の置き場所は適切

●鬼門の凶意を上手にカバーしている

●ラッキーカラーを使った外観

●家全体の採光がよい

●東南に張り出した玄関

●リビングにある大きな吹き抜け

●家族の方位に基づいた間取り

西南から南に面した敷地は日当たりもよく好環境。また南西は女性を意味する方位なので、娘さんが家主になっている鯉沼邸にはピッタリです。ラッキーカラーで統一して運を上げる淡い黄色をペースに、玄関回りに赤系を使っている鯉沼邸。これは家主である娘さんに合わせたものです。また西南から南に面した敷地は、あまり広さがないので塀や門は設けていません。家の前面のスペースは、駐車場とお子さんの砂場として使用しています。一日中光が差し込む玄関は、それだけ風水パワーが強くなります。その意味では六白金星は、まさに大器晩成なのです。

 

北向きの門は車の出入り用として残し西北側に新たに門をつくりました。門は玄関と同様、家の顔とも呼べる場所。家の規模に見合ったつくりにすることも大切です。上が従来の門で、下が新しくつくった門。広い敷地があるからこそ、門を二つつくるという対処法が可能になりました。

 

運勢や方位、年月日の吉凶を判断するために用いられています。人の九星には「本命星」(生まれた年の九星)と「月命星」(生まれた月の九星)がありますが、風水では「本命星」を中心に使います。八方位一般的に、方位の基本となるもの。360度を45度ずつに分けて見ていくものです。太極陰陽思想の基盤になっているもの。方位では中心を意味し、九星では五黄土星の定位になります。六白金星の大器晩成についても風水的な根拠がるのです。


トップへ戻る