風水の基本「四神相応」意味や理由を解説

詩人相応

 

吉相の土地「四神相応」

風水の常識では、家などの建物を建てる場合に、土地の吉凶を一番に重視します。地相の良い場所には良い気が流れて運気が高く、そこに住むと、繁栄して幸せになれるとされているからです。

 

その風水最良の吉地と言われているのが「四神相応」の地なのです。

 

これは陰陽五行に基づいた基本的な考えで、風水では各方位にはそれぞれ守り神がいて、東に「青龍」、西に「白虎」、南に「朱雀」、北に「玄武」の四神が守り、さらにその中心を太極の陰陽を表す匂陳と蛇が守っているとされています。具体的には、北に山や丘陵があり、東に川が流れ、南に海や池、または広々とした平野が広がり、西に大きな道が通っている地形のことで、龍脈と龍穴がもたらす最高の気を、良い水(川や道など)が気を活発にさせ、砂(山や小高い丘のこと)が龍穴に集まった気を逃がさないようにガードしています。この「四神相応」の地は、住居や都を置くには最適の圸と言われ、平城京や平安京、そして長い繁栄をもたらした江戸も、この思想から選ばれています。

 

しかし、現代社会ではこうした吉相の地を求めることはほとんど不可能と言えるでしょう。そこで環境改善の手助けをしてくれるのが四神たちです。四神の置物や絵は、良くない地相を吉相に変える大きな力だけでなく、財運、金運、出世運、発展などの開運パワーを持っていると考えられています。これらの守り神のパワーを利用して、四神相応の風水環境を整えましょう。

 

 

「四神相応」は強運になるための早道

四神の風水
最近では、新聞・雑誌・テレビなどで「風水」という文字をよく目にします。日々の生活でよい運をつかむために、またビジネスに活かすために、あるいは健康で美しくなるためにも風水は活用されているようです。  

 

風水とは、風と水という文字で表されている通り、自然の地理が人間に与える影響の吉凶をさぐるものです。それは人が自然と調和して生きるとき、精神と肉体が活性化して健康になり、したがって強い運気を招き寄せることができるのだと教えてくれます。その自然=大地がもつパワー、いわゆる土地の気の流れを知り、それに合った居住のしかたをすることが、風水に適った生活なのです。そもそも風水とは「風水地理」の略語です。大地の形態からその土地にあるエネルギーを読み取る学問なのです。風水誕生の地、中国では、長い歴史のなかで国家の安定や国盗りのための秘伝中の秘伝として活用されてきました。その風水が誕生したのは、今から三、四千年前であるといわれています。風水では東西南北を四つの守護神で表し、天の理を地に祀ったのですが、それを「四神相応」 と呼びました。その起源は紀元前四百年に著された司馬遷の『史記』の本紀十二編に次のようなくだりで記されています。

 

今から四千七百年前の天子(王様)と方士(神宮)とが語り合っている場面で、「火災後の宮殿の再建築には、何か留意すべきことはあるか……」「越の習俗では火災にあった場合、再び前と同じ建物を復元するのは好ましくありません。むしろ、前より大きな建物を建てることをお勧めします。そうすることで災禍を防ぎ、揺るぎない基礎を築くことができます」それを聞き入れて、天子(王様)は健章宮(宮中)を築いたといいます。その大きさは、千門万戸にもおよんだといいます。前殿は未央宮よりもさらに高く、東には鳳凰を屋根に飾った門があり、西の庭園には数十里にわたって虎を住まわせ、北には泰液と名づけられた大きな池と漸台がつくられ、その池の中には、島々が浮かび、その島は亀の類(玄武)に型どったといいます。さらに南には玉堂、壁門、鋳造の鳳(朱雀門)を建てたということです。  

 

 

これは驚くべきことなのです。何故かといえば、  

北には、玄武。

南には、朱雀。

西には、白虎。

東には、鳳凰。

※浮気されやすい家相

※「張り」「欠け」の考え方

 

中国の戦国時代に発展

まだこの時代には、東の守りとして「青龍」の名は出てきませんが、「四神相応」の理念の原典として、貴重な著述なのです。また、同じ『史記』の中に「気」・「エネルギー」としての「地脈」の概念があり、後に「龍」と名づけられたところの、今でいう「青龍」の記述があるのも注目すべき点です。風水が国家の平定や国盗りの合戦に活用されるようになったのは、紀元前にさかのぼる春秋時代からのことです。当時、風水をみることのできる者は皇帝の臣下の中でも重要なポジションを与えられました。皇帝や武将に仕える風水師は、居城の定め方や敵から身を守る方法など、戦国の世を生き抜く戦略や戦術に、この風水を活かしたのです。そして、風水学は父から息子にだけ伝えられる、一子相伝の形で残されてきました。そのためいまだ謎の部分も多く、後世の研究者たちを悩ませることになったのです。しかし、明・清の時代には、一般平民の間にも風水は広がり始め、個人の土地や家相などに活用されるようになったのです。

 

その風水の基本となる自然に適った居住のしかたとは、どういうものなのでしょうか。私たち人間と、動物たちとの場合を比べてみれば分かります。私たちは、住む場所を自由に選択することができます。仕事や収入、生活設計、家族構成などが住居選びの基本となっていると考えてもよいでしょう。また、ある日突然サバンナに住みたいと思ったとしても、それは決して実現不可能な話ではありません。私たちの住居選びは、私たちの都合や好みを最優先させて行わ れる場合がほとんどです。人間は自分の好みというものを、住居を決める選択肢の中に加えるこ とができるのです。

 

一方で、動物の場合を考えてみてください。なぜビーバーは水辺に、シカは高原に住むのでし ょうか。水辺から離れて高原にいるビーバーの話など聞いたことがありません。動物は、好みや 気分で住む場所を決めているわけではないのです。DNAにインプットされた情報が自然にシカを高原地帯に、ビーバーを湿原地帯へと生息分布させているのです。自分の内なる声に素直に従 い、食べ物を得るため、あるいはその身を危険から守るために自然と同調して生きるのです。それが、動物たちの生存を助け、子孫の繁栄を約束しているのです。

 

※マンションの風水・家相

※鬼門を防ぐ方法!!

 

風水は大地のエネルギー

風水では、人も動物もすべての生命が大地から生まれるエネルギー、すなわち気を享受し ているのだと考えます。だからこそ、大地から生まれた”気”の流れを読み、そのパワーを最大限に活用することによ って「災い」を避けて「強運」をつかみ、そして「幸運」と「健康」を手に入れる道を見つける ことができるのです。人はひとりの例外もなく運や、才能をもって生まれています。ただ、それを上手に活かして開花させていくことができるかどうかが、その人の人生の善し悪しを決めるのです。たとえば、成功を勝ち得たいと思うならどんな大でも明確な目標をもち、日々努力することが必要です。しかし、すべての準備が整ったとしても最後はその人のもっている運が結果を左右します。その強い運を最大限に開花させるための方法のひとつが風水なのです。

 

風水の3つのキーワード

風水には、3つのキーワードがあります。

自然の見えない力を知り、それに学ぶ柔軟な姿勢をもつ。
自然のもたらす意味を理解し、自分の置かれた環境を把握する。
自然と一体になることで、自己の最高の運を開花させる方法を知る。

風水は環境を整えることで運勢を好転させるために先人が生み出した知恵といえるでしょう。

 

※戸建ての風水

※本命鹿卦は当たらない!?

 

 

四神相応の環境の作り方

四神相応の理由

 

中国文化圏では、古来より「皇帝」をはじめ「主人」「長」は南を向いて座るのが良いとされてきました。この伝統的な中国特融の文化は、日本にも似たようなかたちで伝承され、江戸時代には「武士は南面す」と言われていたのです。主人が南に向いて座れば、前面は当然南となり、中にいる「朱雀」が前方や将来を見渡して情報を集め主人に伝えます。さらには、主人の右手の西には、強暴な虎を手なづけた「白虎」を配しています。そして主人の左手の東には、飛躍し主人の運気を上げる「青龍」を置いているのです。最後に、後方からの奇襲攻撃から身を守るために、亀の甲羅を山にみたてた「玄武」を北に置いています。また、主人は陰陽が入り混じり最も活性化している中心に座し、攻撃にも防御にも強い環境を作り出す、これが「四神相応」の考え方です。

 

風水には、周りの環境からその物件をみていく方法と、物件の中から判断していく方法があります。後者の手法により四神相応の環境をつくり出すのは、誰でも簡単にできます。物件の中から判断していく手法では、部屋の中心に立ち、メインの出入口の方角を南と見るのです。ですから、右手側は西で白虎、左手側は東で青龍、出入口の対面は北で玄武になります。つまり、部屋の出入口から、自分がこの部屋に入ろうとしている状況を想像し、右手側に龍、左手側に虎、正面奥に玄武を、そして出入口のドア近くに朱雀を圖くことにより、自分の家や部屋を、「四神相応」の環境として自分で作り出すことができるのです。


無料で風水の間取りをとる方法!!

間取り請求 風水・家相バナー

 

 

これから家を建てる方は朗報です!!

 

「家相」「風水」を考慮した「開運の間取りプラン」が、

 

【無料】でもらえるのです!!

 

 

↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓

 

 

このサイトを利用するメリットは3つ!!
風水・家相の専門家が考えた「間取りプラン」がもらえる!!
具体的な金額がわかる「見積もり」がもらえる!!
利用は「完全無料」!!

 

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る