家相の方位 【吉相・凶相 2020】

 

吉凶を判断する家相の方位

家建てる時の吉相

家相の方位は暮らしを豊かにする指針

「家宅吉相なれば家運栄える」と古くからいわれるように、家相がよければ家が栄えると考えられていました。これは、家や土地の吉凶が住む人の運勢を左右するという意味です。家相は、陰陽五行説や十干十二支などを取り込みながら、吉凶を判断する未来予想術的な性格をもっています。しかし、本来の家相は、四季折々の変化に富んだ日本独特の気候風土に順応して、人々の生活を健康的で豊かにさせる指針にほかなりませんでした。吉相の土地や家で暮らすということは、厳しい自然から命や家、生活基盤などを守るための知恵であり、一方では、恵まれた自然の恩恵を受けながら、健康で豊かな生活を発展させることでもありました。

 

その家相の基本となるのが、北から北東、東、東南、南、南西、西、西北の順に45度ずつ進む八つの方位を指す八方位です。この八方位に、陰陽五行説、十干十二支などを当てはめ、家相の吉凶の判断するうえでのいちばん重要な家相方位盤がつくられました。八方位をさらに二分割すると16方位。もっと細かく11・25度ずつ進む32方位などがあります。8方位、16方位は磁石方位として使われ、32方位は船や航空機などの羅針盤に採用されています。

 

八方位で決められた吉凶の土地

八方位にはそれぞれ意味があり、五行説の色や季節などを結びつけて四神方位、四隅門方位と呼びます。四神方位の四神とは、東・西・南・北の守護神で、東を青竜、西を白虎、南を朱雀、北を玄武の四獣神が四方を守るとされています。

 

家相では、東(左)には青竜の流水があり、つまり川が流れ、西(右)に白虎の大道、 大きな道があり、南(前)には朱雀の広い土地、北(後) には玄武の丘陵を備えた土地は吉相であり、所有していれ ば運も隆盛するということで、四神相応の地とされています。奈良の平城京や京都の平安京はこれらの条件を備えた場 所につくられました。吉相の四神相応の考え方は、権力者の都市づくりから宮廷建築、一般住宅にまで伝わりました。また四神に関しては、高松塚古墳の壁画にも描かれていましたし、薬師如来像の台座などにもみることができます。

 

方位による配色と季節は、東は青で季節は春、西は白で秋、南は赤で夏、北は黒で冬です。相撲の土俵上にある吊り屋根から下がっている東の青房(青竜)、西の白房(白虎)、南の赤房(朱雀)、そして北の黒房(玄武)にそのなごりがあります。四神方位(東西南北)に対して、北東、東南、南西、西北の四隅をさすのが四隅門方位です。北東を艮貴門または鬼門、東南を巽来門または風門・地門、南西を坤帰門または人門、西北を乾帰門または天門と称しました。古来の家相の吉凶は、この四神方位と四隅門方位の八方位によって決められました。

トップへ戻る