「気の流れ」と「風水」 幸運の2019〜2020

気の流れ

 

「気の流れ」が幸運を左右する

 

目には見えない「気の流れ」が家と人の運を左右します!!

 

風水家相では「気」というものを非常に大切にします。とはいっても、何も難しい話ではありません。家に入ったときに、いい気持ちがして、ゆったり長時間過ごしたくなる家ということです。家族が和やかに団欒できて、笑顔でいられる家という意味です。それが、よい気に満ちている家なのです。実際に、そういった家を風水的に検証してみると、風水の理にかなった建てられ方をしている場合が実に多いことに驚かされます。その逆に、何となく気分が滅入る家や、気が落ち着かない家というのは、調べてみると風水家相のルールを全く無視して建てられていることが現実的に多いのです。こういった、ふだん私たちが無意識に感じている「気」というものを、意識的に整える術が風水なのです。いかによい気を家に満たすか、それが風水のテーマなのです。だから家を建てるときも、よい気を取り込みやすく、逃げにくい家をつくることが大切になります。

 

 

しかし、どうやって家をよい気で満たすのか?そのためにはまず、「気」とは何であるかを知ることが非常に重要です。風水家相でいう「気」とは一種のエネルギーなのです。それには3種類があり、まず最初が「天の気」これは天に満ち、天から降り注ぐエネルギ―のことです。次に「地の気」は大地が持つエネルギーです。そして最後が「人の気」で、そこに住む人々が発するエネルギーのこと。風水は、この天地のエネルギーをうまく生活の場に呼び込み、大がエネルギッシュに生きていけるようにすることをめざすものなのです。

 

 

気の流れは調節することが重要

風水家相では、「家に入ってくる気は直線ではなく、曲線を描いているのが望ましい」とされています。しかし、分譲マンションに良く見られるように、玄関がまっすぐ廊下につながっていると、気もまっすぐ入ってきてしまうため、非常に良くありません。また、階段が玄関の正面にあるのもまずい間取りです。勢いよく入ってきた気が2階へと逃げてしまうからです。家に入ってきた気をうまく曲げて、家中をめぐるようにするのが開運のキーポイントなのです。それには、玄関にのれんなどをかけるのがおすすめです。しっかり仕切る必要はありませんが、玄関を入ったときに、部屋の中がのぞけないないくらいの高さが理想です。

決定版 Dr.コパの家相と風水: 環境開運学としての風水大全

新品価格

¥1,728から
(2019/7/15 10:57時点)

 

エネルギーがたまりやすい土地を選ぶことが重要

よい気を呼び込むことは、まず土地選びから始まります。風水家相が考える理想的な土地とは、天地のエネルギーを最も強ぐ効率的に受けることができる土地のことです。古代中国の人は、その理想の土地を「龍穴」と呼びました。これは風水では気のエネルギーを架空の動物である「龍」にたとえるためで、龍の棲む穴とは、つまりエネルギーのたまり場所のことなのです。ですから、人がここに住めば、常に天地のエネルギーを十分に受けることができ、繁栄できると信じられたわけです。この「龍穴」は特別な地形を持つ場所と考えられ、「四神相応」と呼ばれています。

 

つまり四匹の神獣に守られるように、山によって囲まれた地形のことで、東に長くうねった清流(青龍)があり、南に大きく開けた土地があり(朱雀)、西に大道があり(白虎)、北を高い山がガードしている(玄武)、その真ん中にある土地のこと。さらに南が沼地ならば理想とされました。このような土地として有名なのは、都市では平安京です。ただし家に応用するときには、完璧な四神相応ではなくても、背後が高く(玄武)前方に開けた(朱雀)土地であれば、土地の気を取り入れやすいと考えられます。実際にも高級住宅地にはこういった土地が多く見当たります。とはいっても、理想的な土地に家を建てることができなくても、落胆なさる必要はありません。少しでもよい気がたまりやすい土地を選び、その気を取り込みやすい間取りの家を建てればよいのです。それに、知っておいていただきたいのは、よい気をめぐらす基本中の基本は、実は家を清潔にしておくことなのです。「間取りがよい家」がよいといわれるのも、ひとつには風が通りやすく、掃除がしやすく、よどんだ空気が滞りにくいといラ単純な理由があるのも事実なのです。難しいことはありません。あなたが気持ちよく、清潔に暮らせる家をつくることが、風水の理にかなった家づくりなのです。

 

 

気の流れを調整&活用するのが「風水」

風水をひと言で表現すると、「大地の気の流れを判断し、それを調整して、うまく活用することにより、人々の生活を改善する学問」といえるでしょう。気の流れを活用するためには、大地の上を流れる気のルート(龍脈)を見て、そこを流れてきた気の集まるスポット(龍穴)を探り、それらを利用します。龍穴は人間でいうところの「ツボ」のようなもので、うまく使えば、すばらしい効果が期待できるのです。古代中国では、皇帝一族の繁栄や国の発展のために風水が使われ、その効果は絶大だったそうです。そのため、風水は門外不出の学問だったのですが、現代では誰でも手軽に取り入れることができるようになりました。

 

また、風水はいろんな種類があり、主に広範囲の地形を見る「地理風水」、死者を埋葬する場所を見る「陰宅風水」、我々が住む家に良い気を招き入れ、悪い気を払うための「陽宅風水」と、大きく3種類に分けられます。このサイトで紹介している風水は、中国伝統の風水をもとに、より使いやすく改良したもので、「陽宅風水」を基本にしています。中国の風水をベースにしているため、独自の発展を遂げた日本の風水との違いに、迷うこともあるかもしれません。でも、あまり考えすぎずに、まずは試してみてください。そうすれば、きっと良い変化が訪れるはずです。

 


トップへ戻る