「相生相剋」を利用して苦手相性を克服する

★「相生相剋」を利用して苦手相性を克服する

苦手な相手には「相生相剋」

相性相剋

 

 

「相生相剋」

苦手な相手が持っている「気」を調べて対処する方法もあります。大は生年月日によって複数の「気」を持っていますが、ここでは本命卦の「五行」が持つ「気」を使います。

 

「五行」で相剋関係の大とは相性が悪いので、そんなときには相生関係の大を仲介役にすればお互いを理解しやすくなるのです。たとえば、あなたの気が「木」なら、「土」や「金」の人とは「気」が合わない場合が多いでしょう。そんなときには「水」や「火」の「気」を持った友達を間に入れれば関係がうまくいくでしょう。

 

気の合わない人とは仲介役を入れて

人間関係には、相性があります。よく「気が合う」とか「気が合わない」と言いますが、これはまさにそれぞれが持っている「気」のこと。「気が合わない」人と無理に仲良くしようとしても、かえってストレスになるだけです。

 

そんな相手とは一対一ではなく、仲介役を入れて付き合うようにしましよう。一般に三角関係は、揉め事のモトになりますが、それは仲良し三人組や恋愛での話。苦手な人がいる場合には、かえって三人のほうが好都合なのです。第三者が入ることで、お互いの「気」がストレートにぶつかり合うことを緩和してくれます。

 

苦手な人との関係を好転したいと思うときは、「ブタの置物」を使いましょう。風水ではブタは、平和のシンボル。苦苳な相手の家の方向に向けて置けば、ブタが平和の使者になってくれます。さらに、「ピンクのブタ」なら効米は倍増。お瓦いの気持ちが通じ合います。ブタモチーフのものを持ち歩くのも吉。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る