風水では「龍」の置き場所が重要!!

四神相応の龍

 

 

風水における龍

風水には、幸運の吉相パワーをもたらすアイテムとして、四神をはじめ吉祥動物がたくさんあります。そのほとんどが想像獣ですが、そのなかでも龍は特別な存在とされています。

 

風水に限らず龍は強い霊力を持つ聖獣として知られ、現実的には実在しない生き物であるにもかかわらず、古くから世界各地に伝承されてきた不思議な生き物です。龍神様として親しんでいる日本をはじめ、東洋では龍を神の象徴としているのに対して、西洋ではドラゴンという悪の象徴となっています。中国では易経風水において、龍は四神の1つとして東方位を守り、財運出世をもたらす青龍として崇められています。しかし、中国の人々は、風水が誕生する以前の太古より龍を強く崇拝し、富貴の象徴として大切にし、自らを「龍の子孫」と呼ぶほど身近な存在としているのです。

 

占代インドの仏典では、龍をこの世に存在する8種類の霊物「人能八部」(天、龍、夜叉、乾達婆、阿修羅、迦楼羅、緊那羅、摩呼羅迦)の1つである人面獣身の半神としていますが、中国では「九似の相」と言われ「角が鹿、頭はラクダ、耳は牛、眼が鬼、項(胴体)は蛇、腹ば蜃、鱗は鯉、爪は糜、掌は虎に似る」という姿をしています。この龍に特徴的なのが、目元の長い髭と喉の下に逆さに生えた鱗です。韓非子によると、この鱗に触れると龍は激怒して、触れた人を殺すとあり、日木には「逆鱗に触れる」という一河葉になって伝わっています。

 

 

龍とは気の流れ

 

「龍」とは気のエネルギーの流れのことです。  

 

龍には水龍のほかに地龍があります。

 

地龍とは大地から生じる『気』の流れのことで、その一帯に影響を与える大きな気は山から発生すると考えます。山から尾根づたいにうねうねとまるで龍のような姿を呈しながら、気はおり てくるのです。

 

やがて平地を走りだした龍(気)は、それを受け止めるものがなければ、そのまま四散してし まいます。ところが、地龍は水に合うとそこに立ち留まります。すると留まった気が大地にあふれ、その土地のパワーは高まるのです。水脈は土地に気を留め、エネルギーを高めるうえでなくてはなら ない存在なのです。水龍のエネルギーは水脈の大きさに比例しますから、大河になればなるほど大きな気をもつと 考えてよいでしょう。大地を走る地龍のエネルギーを留め、自らもエネルギーを発する水龍。水脈があるとないとでは土地のもつパワーが大きく左右されます。風水が水脈を重視するのにはこうした理由があるのです。  

 

※本命鹿卦は当たらない!?

※モテない女は読め!!【恋愛風水】

 

この水龍と地龍が出合うスポットには電磁場のような強いエネルギーが満ち、それを「穴」と呼んでいます。「穴」の周辺では人間の細胞も活性化し、健康になり、頭の回転もよくなるといわれています。そこに企業を誘致すると、そのエネルギーを吸収して業績も上がり、さらに発展します。しかし実際には「穴」はエネルギーが強すぎるため、われわれ凡人にはかえって毒となる場合 もあります。穴の真上に建物を建てるのは避け、穴の周辺または龍脈の上に住居や会社をつくる のがよいでしょう。そうすることで龍穴周辺の強いエネルギーを利用して、運を高め、成功する ことができるのです。風水でわかる栄枯盛衰風水は、その土地が作物の成育に適しているかという農地の質を判断したい場合にも活用した のでした。

 

具体的には、四方にある山頂を直線で結んだときにできる交点が農地に適していると されたのです。また、農地や土地・家屋などを相続税対策などのために、どうしても手放さなけ ればならないといった場合にも、手放してもよい土地、もっていた方がよい土地の見極めにも用い、それによって相続などで生じるトラブルを避けることもできたわけです。 たとえば、本家と分家という家の相続形態がありますが、分家は本家の為に存在するように配 置を考えなければなりません。それによって一族全体が繁栄するのです。一族が共同体を形成で きるように、親族一同の住居を風水の法則に従って配置すれば、よい運が運ばれてきます。その ためにも、先祖から引き継いだ土地の吉凶を知り、配置をうまく考えることが大切です。  俗にいう鬼門も、使いようによっては一族を繁栄させるよい運をもたらします。

 

※鬼門を防ぐ方法!!

※戸建ての風水

 

もとはといえば鬼門は「生門」という文字で表されていました。つまり生きる門という意味です。生門(鬼門)にあたる北東と西南は太陽が昇りかける、あるいは沈みかける方向で、太陽の 明るさが変化することを示します。季節でいうなら冬から春へ、夏から秋への変化に相当します。 変化するということは不安定な状態でもあります。その不安定さゆえに、日本では「生門」がいつのまにか「鬼門」になり、恐れられるようになりました。風水では最少で八方位、最多で は三百八十四に方位を分けて鑑定します。そうすると確かに、日本の方位学でさすところの鬼門 (北東の表鬼門、西南の裏鬼門)の中には、風水でいう大凶の方位も含まれています。が、同様に、よい方位もそこには含まれています。ですから、鬼門だからといってあきらめたり、恐れた りすることはありません。正しい配置さえ心がけておけば凶運を避けることができます。 鬼門線上に分家を出すと本家は栄え、その分家は必ず本家を救うといいます。また、住居から見て鬼門の方位にある土地でとれた作物は高い値で売れるともいいます。 また直接には鬼門ではありませんが、自宅から南と北の方角にある土地を手放すと後悔するといいます。風水では南は女性、北は男性を守る方位とされていて、この方位にある土地を手放し てしまいますと、その土地にお墓や橋などの悪い影響を及ぼすものが建てられると凶運を防ぐこ とができないのです。そのためにこの方位の土地を手放すことは避けるべきです。

 

日本では古くから分骨させる習わしがありました。お墓と同様に分骨も西方か北方というのが 常識です。この方位にお墓を建てると、子孫を末永く見守ってくれると言われているからです昭和天皇のお墓は皇居の西方の武蔵野にありますし、徳川家康は江戸城の北東(上野の寛永寺)に分骨して、城の鬼門を封じました。

 

※浮気されやすい家相

※「張り」「欠け」の考え方

 

龍の位が重要

龍の位

 

龍には位があります。

 

それは爪の数で示され、五木指の龍は皇帝だけに許される皇帝専用の龍、四木指の龍は寺院仏閣、廟に許される龍、三本指の龍は一般庶民に許される龍と決められていました。指の数が多い龍ほど、格が高いと言われています。これは宋代以降に設けられた規制で、龍の使用を制限することで、皇帝の権威をより高めようとしたのです。これ以降、龍は皇帝の象徴とされるようになり、爪の数で位を決めることより、庶民が龍を信仰することも認められるようになったのです。このことからも、龍がいかに特別なものであるかということがわかります。はじめにお話ししたように、風水において龍は特に重要な役割を果たす聖獣です。それは地上すべてのエネルギーは龍であると考えているからです。「生気は大地にあって、万物を生む」という言葉に表されるように、大地から生まれる気は、すべての生物の生命の源であり、その源である龍は計り知れないパワーを持っています。さらに土地の吉相を形成し、運気を左右する力を持っているのです。風水師が地勢を判断する時に「龍脈」を探すのもこうした理由によります。良い気である生気は龍脈に宿り、その流れに沿って巡ると考えるからです。また、山脈を龍脈とする場合もありますが、これは山並みの起伏に富んだ姿が龍を思い起こさせることから、山岳信仰と龍への崇拝が一緒になった考え方と言っていいでしょう。

 

龍の力を利用するのが風水師

この龍を徹底的に観察し、龍の環境を整えて、運気を良くするのが風水師の役割なのです。使い方如何で、強い味方にも、恐ろしい敵にもなる龍をうまく使いこなせるかどうかが腕の見せ所でもあるのです。そして龍の力を利用する時に、忘れてはいけないのが水の存在です。龍は普段は水中に生息していますが、存分になると天に昇り、秋分になると再び水中の奥深くに身を潜めるとされ、地上にあるすべての水を管理して、雨を自在にコントロールすると言われています。水のあるところに龍がいると言われるほど、能と水はとても深い関わりがあります。龍は水の力でパワーを得る生き物ですから、風水で龍の力を必要とする時には、水の使い方がとても大切になるのです。まず龍の性格をよく理解した上で、上手に龍を使いこなしてください。そうすれば、龍が必ず幸運をもたらしてくれるはずです。

 

龍の風水アイテムの正しい使い方

龍の風水アイテムを賢く活用すれば、強い龍の力を活用することができます。龍の置物は置き場所と方位が重要です。玄関または部屋を入って右側、もしくは北方位です。ここに飾ると、良い龍を呼び込み「富貴吉祥」を得て、財運や愛情運が上昇します。右に置くのは、陰陽のエネルギーの関係で、龍にとって右側のほうが居心地がいいとされているからです。また北は水の方位で、龍は水を求める生き物なので、水の力で活躍してくれるようになります。

Felimoa 風水 銅製 龍と水杯セット 龍と水杯で効果アップ 龍には欠かせない水杯 水杯 小 5本 爪 龍 置物 五本爪

新品価格

¥2,780から
(2019/11/3 21:12時点)


仮に間違った位置に置いても心配はいりません。活躍しなくなり、ただの置物となるだけで、悪さをすることはありません。ただし、例外的に嫌うところもあります。龍は水の生き物なので、電磁波と相性が悪く、テレビ、パソコン、冷蔵庫などの上に置いてはいけません。スマホの近くもダメです。さらには、床の間も嫌います。ここは高貴な方が座る尊い場所です。もし置く場合には、山水龍など皇帝に仕える五木爪の龍を置くようにしましょう。ところが、龍の置物を東に置くことがあります。それは西の気の力が東に勝っている場合です。四神相応のところで説明しましたが、方位にはそれぞれ風水の意味があります。東の青龍位は「貴人」の場所で、友人や同僚の助力を招く吉祥位です。反対に西の白虎位は「小人」の場所で、争い事や敵の妨害を招く凶方位です。

人工 (溶錬) 水晶玉 昇龍レーザー彫り110mm[風水グッズ 竜 置物 開運 金運]

新品価格

¥9,500から
(2019/11/3 21:13時点)


無料で風水の間取りをとる方法!!

間取り請求 風水・家相バナー

 

 

これから家を建てる方は朗報です!!

 

「家相」「風水」を考慮した「開運の間取りプラン」が、

 

【無料】でもらえるのです!!

 

 

↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓

 

 

このサイトを利用するメリットは3つ!!
風水・家相の専門家が考えた「間取りプラン」がもらえる!!
具体的な金額がわかる「見積もり」がもらえる!!
利用は「完全無料」!!

 

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る