マンションの家相の見方は、戸建て住宅とは違う!!

マンションの家相

 

最近はマンションやアパートなどの集合住宅に住む人が増えています。戸建てよりも多いと言われています。そのマンションやアパートなどの家相はどのようにして見ればよいのでしょうか。

 

 

 

残念ながら、風水的に問題のあるマンションは多いものです。建売住宅と同様に、分譲、賃貸マンションともに、設計者は風水を考えていません。知識もなければ、時間の余裕、つまりお金の余裕もないからです。となると、風水がすべて良いマンションなんて、ほとんど皆無です。

 

一般的に、3LDKとか4LDKと呼ばれ、それぞれ個室が三室と四室あるタイプです。いずれにしても、前出の鬼門と裏鬼門、そして家の中心だけは、気にしなくてはいけません。しかし一般的に、これが難しいのが悲しい現実です。多くのマンションは廊下が中央にあり、その両側に水廻りがあって、中央の範囲に入っています。なおかつ、鬼門や裏鬼門の範囲にかかっています。日本中、似たような間取りばかりですが、このようにたいていは大凶と言えます。

 

 

角部屋の注意点!!

マンションは角部屋が人気があり、買うにも借りるにも価格が高いです。風通しも日当たりも良くて明るく、いうことはありませんね。逆に角部屋以外の部屋は、壁にはさまれ窓は少なく、風通しは悪いものです。つまり、鬼門や裏鬼門の範囲が壁になっていることがよくあります。凶意は窓や入り口から入ってきますから、凶相の影響を低減してくれます。これはまさに、不幸中の幸いですね。ただし、解消してくれるわけではなく、あくまで低減するにすぎませんので、注意が必要です。その点、角部屋でも鬼門や裏鬼門に窓があり、そこにもし水廻りがあると、まともに凶意を受けてしまいます。角部屋であるがゆえに、注意が必要ですね。

 

 

単身者向けワンルームマンション

どちらかといえば、単身者向けのワンルームマンションのほうが、吉相であることが多いと思います。その理由は、中心の範囲が居室の部分に入っていることが多いからです。単身者向けの平面では、玄関に入って台所とトイレ、浴室があり、その奥に居室がありますから、水廻りが中央に入ることも少ないものです。ということは、水廻りが鬼門や裏鬼門の範囲に入っていることも少ないものです。また、小さいために、「欠け」があることも少ないものです。

 

 

建物全体の中の部屋選び

大規模マンションを買ったり、借りたりする場合、大切なことがあります。それは、家の間取りと同様に、建物全体の鬼門や裏鬼門にある部屋を避けることです。そのためには、まず建物全体の中心部を見つけ出します。そこから北東に60度の範囲の部屋が鬼門方向に入りますから、避けたほうが賢明です。また中心部から南西に60度の範囲の部屋が、裏鬼門方向に入りますから、これも避けたほうが賢明です。

 

 

ゴミ置き場の風水

西日が当たるゴミ置き場は、マンション全体の運気を下降させます。マンションの住民が共用するゴミ置き場は、マンションの中でもっとも気がよどみやすい場所ですから、位置や方角、そして管理に注意する必要があります。大凶となるのは、西に向いていて、風通しが悪いゴミ置き場です。近くを通るだけで臭気が漂ってくるようなゴミ置き場では、臭気とともに陰の気がマンション全体を覆い、運気の低下を招きます。また、人目につきやすいゴミ置き場も凶相になります。ゴミ置き場はどこに置いても吉にはなりませんが、西日が当たらない北はよいでしょう。悪臭が外にもれないように戸がついているゴミ置き場であれば、凶の影響を受けることはありません。さらに、排水設備が整っていて、つねに汚れを洗い流すことができれば理想的です。

 

 

設備の管理で凶になる

設備が立派でも、管理が不十分では凶になります。マンションを選ぶときは、できるだけ管理のしっかりしたところを選ぶことが大切です。エントランスや階段、通路などの照明が切れたままでは気の流れが滯ってしまいますし、共用の廊下に自転車や不用品などが乱雑に置かれたまま放っておかれたのでは、マンションのグレードも下がってしまいます。とくに、ゴミ置き場の管理や掃除がいいかげんでは、どんなに設備が立派で、風水家相からみて問題のないマンションでも、陰の気が住民全体の運気に悪影響を及ぼします。中古のマンションを購入したり、賃貸マンションに入居する場合は、ゴミを収集したあとの掃除が徹底しているか、共用の通路やエントランスにゴミが落ちていたり、ほこりがたまっていたりしないかをしっかりとチェックしましょう。

 

 

高層マンションにおける気の影響

マンションのように大地の気がおよばないといわれる高層階の住まいの場合は、気の影響はまったく受けないのでしょうか? エントランスから入った気は、階段やエレベーターを伝わって上へとのぽっていき、部屋へ入ります。もちろんそのエネルギーは、高層になればなるほどパワーも弱まっていき、20階や30階といった超高層マンションでは、ほとんど大地の気の影響はないといってもいいでしょう。しかし、これを反対に考えれば、たとえ風水的には凶相の地でも、高層階の場合はそれほど影響を受けなくてすむ、ということです。これをどのように受け止め、どんな住まいを選ぶかは、あなたの考えかた次第といえるでしょう。

 

 

マンション、アパートの吉凶相

東南、東、南の角部屋が吉

戸建て住宅と同じように、陽気が入り風通しのよい東南の角部屋が家相的には最良です。次いで、東、南の角部屋、西北、西の角部屋となります。ですが、角部屋は人気が高く賃料も高めとなっています。予算的にむずかしいようであれば、建物全体の中心から見て、東南、東、南に位置している部屋を選ぶようにしましょう。

 

なるべく下の階が吉相

高層の建物は、上に行けば行くほど土地からのエネルギーから遠ざかってしまいます。ですから、地表に近い下の階のほうが吉相です。ただし、1階や地下が駐車場になっている場合は、排気ガスの悪影響を受けるので避けましょう。少し上の階のほうが吉相となります。新築の分譲マンションは特にこのような、1階が駐車場になった構造が多いので注意しましょう。

 

窓が開けられない場合は凶相

高層で、風が強く入るため窓が開けられず、新鮮な空気を取り入れられない場合は凶相です。タワーマンションなどの多くのこのような形状になっています。必ず対策が必要です。

 

奇抜なデザインは凶相

三角形や丸い部屋、中央に吹き抜けがあるような奇抜なデザインは必ず凶相となります。住むと孤立しやすくなるので、避けたほうがいいでしよう。

 

マンション・アパートの家相の見方

マンションの家相・風水

アパートやマンションでも、戸建て住宅の平屋と同様に、部屋の中心を見つけ、張り、欠け、開き、玄関、トイレの位置などを検討します。太い鉄筋の柱や壁が部屋の中に出っ張っている部分は欠けと見なします。そのほかは一戸建ての家相の見方と同じです。マンションやアパートは、一般的に窓があって外気に面しているのは南と北となるケースが多く、東西は壁にふさがれている構造になっています。これは大きな土管に入っているような状態です。家相では視野が狭くなり、物事の考え方がかたよりがちになることを意味します。

 

集合住宅は同じような間取りになるために、何かにつけて隣近所と比較したり、対抗意識を持ってしまうことがあります。このような場合は、カーテンやカーペット、家具などのインテリアで個性を出しましょう。照明器具や色を工夫して部屋を広く見せると視野も広がり、家族だけでなく周囲の人たちとも仲よくつき合えるようになります。

 

背の高い観葉植物などの鉢植えを置くのがおすすめです。また、コンクリートづくりのため、湿気がこもりがちになるので、その空気を浄化する意味でも、緑を積極的に利用してください。さらには空気清浄機も家相的な効果も期待できます。

 

 

風通しの悪いマンションは凶相!?

古典風水学の考えからすると、マンションは風通しが悪いため凶相だと言われます古くから続く伝統的な家に比べ、現代の家は格段に風通しが悪くなりました。その理由は、西洋文化の流入です。つまり壁のない家から、壁だらけの家へと変身していったのです。一戸建てだけではなく、マンションはそのいい例ですね。その結果、結露やカビの被害が出てきました。木材は乾燥しにくくなり、虫の害に遭いやすくなるのです。

 

そこで、建設業界は考えました。なんと薬品を使って、家を守ろうとしたのです。そして、防腐剤の塗布をしたのですが、これは人体によくありません。そうです、シックハウスとなるのです。その他、建設資材を扱う企業が儲けるために、内装材のほとんどは石油から作る工業製品となりました。風通しの悪い家だと有害物質は排出しにくくなり、もろに人体が影響を受けます。当然、こんな家には良好な「気」など宿るわけがありません。自然素材の宝庫、山は死んでしまいました。続いて川も死に、海も死んでしまいました。木材は薬品漬けの外国産となり、水は汚染され、魚や貝には環境ホルモンが一杯です。それを人や家畜が食べるのです。悪いことだらけです。これでいいのでしょうか。家にとって風の通り道は大切です。それは北東の鬼門から、南西の裏鬼門を結ぶラインです。風水では、「神の通り道」とも言われ、「邪気の通り道」とも言われます。ここに、水や火があっては大変ですが、現代ではそんな家が多いのが現実です。これではいけないのです。

 

 

マンション自体の選択

個別の部屋ではなく、マンションそのものの話です。意外かもしれませんが、建物全体が真南に向いているマンションは問題です。というのは、バルコニーが必然的に真南となり、玄関は反対の真北になっていることが多いからです。真北の玄関は問題です。一番いいのは、建物全体が東南に向いているマンション。というのは、バルコニーが東南となり、玄関は反対の北西になっていることが多いからです。北西の玄関は、大吉です。

 

また、マンション自体の玄関にも、注目してみましょう。鬼門や裏鬼門にあると最悪です。あるいは、北にあるのも良くありません。一番いいのは、北西か東南、次にいいのは東か南、最後にいいのは玄関が西にあるマンションです。階段やエレベーターも同様です。次に敷地の立地条件ですが、四神相応の図により、「北に大きな山、東に川、南に平地、西に大きな道」が理想です。それから次に、北の方向の部屋も日当たりが悪く、良くありませんし、西の方向の部屋も西日がきつく、良くありません。意識して狙ってみたいのは、東南方向で60度の範囲の部屋です。次に東または南方面の部屋となります。意外かもしれませんが、北西方向で60度の範囲の部屋も悪くありません。一般的には、部屋のある階数は高いほど人気ですし、分譲の場合は価格も高いものです。しかし風水では、低い階ほど大地のパワ一を受けやすいので吉相となります。ただし、周辺のビル群のために目当たりが悪くては、なんにもなりません。

 

★欠けに注意

マンションの部屋も四角形を基本としますが、共にほどよい長方形がよく、次に正方形が良いとされています。しかし、前出の「欠け」のある部屋は、どこにあってもよくありません。ところが、部屋の一角にエレベーターや階段室、あるいはルーフテラスが入り込み、「欠け」になっている部屋もあります。また最近では、一戸建て感覚にするために、玄関前に専用のポーチをつけ、門をつけた部屋もあります。しかし、ポーチは屋外ですから、「欠け」となります。

トップへ戻る