リビングダイニングの風水家相の注意ポイント【2019〜2020】

リビングダイニングの風水家相の注意ポイント!!【2019〜2020】

リビングダイニングの風水 【2019・2020注意点】

リビングの風水

開運の目次
  1. リビングダイニングの方位
  2. リビングダイニングの家相・風水
  3. リビングダイニングの6つの注意ポイント!!
  4. 干支別に見るラッキーなリビングダイニング方位
  5. 九星別にみるラッキーなリビングダイニング方位
  6. 方位ごとの特徴をつかんで快適なリビング
  7. 無料で風水の間取りをとる方法!!

 

リビングダイニングは楽しくリラックスできる空間をつくることが、いちばんの運気アップ法です。自分なりのセンスを生かし、居心地良い部屋を演出しましよう。趣味に走っても良い場所くつろげる場所づくりを心がけましょう。リビングは家族がくつろぎ、リラックスした時間を過ごすことで、運気がチヤージされる場所です。窓から日差しを取り込んで、良い気がたくさん入ってくるようにしましよう。リビングの風水は、明るいこと、掃除が行き届いていることが基本ですが、それ以外はあまり難しいことは考えず、自分の好きなように演出してかまいません。趣味や好みを表現する場所として、気に入った物を置きましょう。とはいえ、家族やお客様がくつろげない空間では運気がダウンしてしまうので、奇抜なインテリアは風水的には絶対にタブーです。リビングダイニングを使う人全員が、気持ち良く過ごせる空間づくりが大切です。

 

 

リビングダイニングの方位

気力のパワー不足になりがちな方位です。照明を多めにつけてパワーを補いましょう。背の高いスタンドも良いでしょう。
北東
住む人が頑固になりがちな方位です。気持ちが明るくなるような、癒しグッズを置きましょう。
朝日がよく入り、特に午前中に運気が巡るリビングです。水と相性が良いので、海や滝の写真を飾るとより強運になります。
南東
リビングダイニングに最適な吉相の方位です。家庭運・夫婦運が大幅にアップします。花柄のファブリックを使うとさらに運気アップ。
太陽の光が入る良い方位です。ただ夜間はカーテンをしっかり閉めないと、朝晩のメリハリがない部屋にしましょう。
南西
家族の仲が良くなる吉相の方位です。写真たてに家族写真を入れて飾ると、さらに運気がアップします。
西
環境を整えれば金運に恵まれる方位です。ただし、窓から運気が抜けやすいので、閉め忘れには注意しましょう。
北西
家庭運が低下する方位ですが、高級感のある物を置くと改善。ガラス製のインテリアもおすすめです。

 

 

リビングダイニングの家相・風水

リビングのポイント

 

風水家相上、リビングダイニングは、大凶となる方位はありません。どの方位につくってもよいのですが生活の中心となる場所ですから、日当たりや風通し、広さなどを最優先 によい間取りプランを練ることが重要です。 たとえば、ダイニング、太陽光が差し込む明るいテーブルで気分よく朝 食をとれる工夫を。ダイニングでは さわやかな朝を迎え、一日をはじめたいものです。

 

リビングもダイニングと同様です。休みの日にのんびりするとしたら、 さわやかな心地よい風を感じながら日当たりのよい場所でリラックスできれば、日ごろのストレスも解消されるでしょう。光や風が入らないリビングーダイニングは、ドアや開口部の扉をガラ ス入りのものにするなどして、できる限り採光を工夫し、照明器具を多用して明るさを確保してはいかがで しょうか。家づくりでいちばん大切なスペースなのですから、明るく風通しをよくして吉を呼び込むようにしてください。

 

「吉」方位でも 避けたい間取り

東南の方位がベストだからといって、隣家の窓やキッチン、トイレが接近していたら別の場所を考えてもいいでしょう。のぞかれていなくても、落ち着ける空間にはなりません。さらには、トイレが隣接していると、においが流れてくる場合もあります。そのほかにもさまざまな生活音がしますので、よい方位であっても避けるほうが賢明です。すでに隣家のキッチンやダイニングが迫っていてみられやすい環境なら、高窓や縦長の窓へのリフォームがおすすめ。通風や明るさが確保できるばかりか、プライバシーも守れますから、落ち着けるでしょう。現代家相では、周囲の環境も判断し、やすらげる風通しのよい間取りを吉と考えます。リラックスできることが開運のキーポイントとなります。

 

洗面室やトイレの隣接は要注意

リビングーダイニングと洗面室が同一空間にあると、洗濯機の音が気になるかもしれません。消音型の洗濯機であっても、建材や開口部を防音仕様にするなど音がもれないようにする必要もあります。なによりもいちばん気をつけたいのは、洗面室の湿気や雑菌をリビングーダイニングに入らないようにつねに洗面室を清潔にし、乾燥を心がけるようにしてください。

 

トイレの音は意外とよく聞こえます。壁一枚でリビングーダイニングとトイレが隣接しているとトイレの音が気になるものです。家族であっても、毎日気兼ねしながら入るのは考えもの。また、お客さまがみえたときに、トイレの音が聞こえるのは、お客さまもくつろげないかもしれません。洗面室を隔てる壁を設ければ、トイレの使用音も聞こえず、臭気も流れ込みません。洗面室やトイレは、リビングーダイニングとは離してつくるほうがいいでしょう。

 

風水よりも、快適さを重視して考える?

家族が集い、生活の中心となるリビングダイニング。いかにも大切に思える場所ですが、実は風水的には、あまり神経質にならないでよいのが特徴です。というのも、現代の住居の設計では、心配するまでもなく、必ずといっていいほどリビングダイニングの居心地を最優先に考えた間取りになっているからです。ですから特に注文を出さなくても、満足のいく設計が期待できます。しかも風水的に見ても、リビングダイニングはタブーとされることが少ない場所です。門や玄関、水場、火を扱うキッチンは少しでも凶の要素がある方位には置けませんが、リビングは水や火気がないため凶意を帯びにくく、どの方位に配しても大きな問題にはなりません。また、寝室、主人の部屋、子ども部屋は家族の運を左右する非常に重要ポイントですが、リビングは家族全員が短い時間だけ集う公共スペースであるため、特定の家族に与える影響も大きくないからです。

 

リビングの家長の席は太極にすべき

玄関が外(社会)へ向けての家の顔だとすれば、リビングは内(家族)へ向けた家の顔ともいえます。そのため、家族がくつろぐリビングは、家の中でも特に日当たりがよく、風通しのよい部屋を用意したいものです。大きな窓から差し込む日ざしをいっぱいに浴びて、心地よい風を受ければ、心身ともによい気に満たされるでしょう。リビングの位置は、家長の本命卦の吉方位か「太極」であればベストです。

 

また、実際の方位にかかわらず、いちばん大きな窓のある側を南の「朱雀」に見立て「四神相応」の原則にしたがって家具を配置すると、運気がアップします。窓のある「朱雀」は気や風をさえぎらないようにして、北の「玄武」には本棚などの背の高い家具を置いて気を逃さないような山をつくり、西の「白虎」には背の低い家具を、柬の「青龍」には鏡をかけたり、音の出るテレビや音響製品を置いて、部屋の中央に「龍穴」をつくるのです。ここで家族が団らんのときを過ごせば、家族全員の運気がアップします。

 

家族の集まる時間によって設計する

リビング・ダイニングは家族が集まる場所ですから、家族の生活スタイルや過ごす時間、方位を考えてつくるのがいちばんです。日中は仕事、休日も外出する機会が多く、使用するのは夜が多いようなら、北や北東、北西につくってもいいでしよう。しかし冬は寒いので、しっかりと寒さ対策を行ってください。夕方の使用が多いようなら、西や南西は避けたい方位です。西日が差し込むと暑くなり、リラックスできません。西側の窓にブラインドを取り付けるなどの対応を考えましょう。休日をのんびり過ごしたければ、東南は最高の場所です。日中や夕方も明るく温度もそれほど上がらないので、家族全員が心地よく過ごせるでしょう。

 

「鬼門」方位は絶対に避けるべき

基本的にタブーとなる方位は少ないのですが、いわゆる「鬼門」と呼ばれる「東北」です。「一四南」の方位だけは避けたほうが無難です。家族がある程度の時間を過ごす場所なのですから、凶の「気」を受けない配慮が必要です。また「北」のリビングも寒ぐ、陰の「気」が満ちやすいのでおすすめできません。まず通常の設計士なら「東北」「西南」「北」にリビングを配することはないので、安心していて大丈夫でしょう。暖炉や掘り炬燵など、火を扱う設備を作りつける場合には、正中線エリアを避けるようにしてください。

 

「東南」「東」「南」ならば理想的

あえて理想的な方位を家と言われると、第一におすすめなのは「東南」、次いで「東」、「南」の順となります。「東南」であれば家に活気があふれて家運が盛んになり、「東」なら家族は健康に恵まれ、「南」なら知的に優れた子どもが育つなどの幸運が期待できます。他には『一四北』のリビングは主人の運を高めます。ただしリビングはどこに配しても問題の少ない部屋ですので、玄関や水場を犠牲にしてまで最上の方位にこだわる必要はありません。まず門と玄関に最大吉の場所を確保し、水場を凶意のない場所に配した後に、リビングの方位を優先しましょう。

 

家族が和やかに過ごせる空間が一番

ダイニングは家庭運と健康運を左右する場所です。ダイニングルームは家族がコミュニケーションを図る場所です。そのため、ダイニングルームは、家庭運と大いに関係しています。

 

また、ダイニングルームは食事をするところなので、食べ物からエネルギーを取り込む場所と言い換えることもできます。食べ物はその人の健康と直結していますから、ダイニングルーム=健康運に関わる場所でもあります。

 

ダイニングルームで重要なのは、リラックスしながら家族と和やかに食事をすることです。一人暮らしでも、ダイニングテーブルをきちんと整え、日々心穏やかな食事タイムを過ごしている人は、将来的に良い家庭を築けるでしょう。理想的なダイニングルームを作るには、まずテーブルの上は整頓してください。荷物置き場になっていると、運気が低迷します。

 

癒やし効果がある照明や生花を飾る

照明はやわらかな白熱灯の明かりを選ぶといいでしょう。リラックスした和やかな雰囲気づくりに有効です。テーブルに生花を飾るのも癒やし効果があるのでおすすめです。整頓されたくつろげる空間で楽しく食事をすると、家族が仲良く健康で生活ができ、ひいては金運も引き寄せてくれます。

 

テーブルは角ばっていないデザインが理想的

木製以外の素材や角ばったテーブルはクロスなどをかけるとよいでしょう。ダイニングテーブルの素材は、木製がベストです。形は丸、だ円形が理想的です。四角でも、角の部分が丸みを帯びていれば問題ありません。角ばっているものは運気を下げてしまうので要注意です。

 

だからといって買い替えるのは大変なので、角ばっていたり、木製以外の素材のテーブルならば、全体をクロスで覆うか、円形のテーブルランナーを敷くといいでしょう。また、黒いダイニングテーブルで食事をすると、食べ物からの良いエネルギーを得づらくなるので、やはリクロスで覆うほうが良いでしょう。

 

金運を呼ぶ鶏の置物を置いてみよう

鶏は金運を呼ぶモチーフとされており、よく開運グッズの店などで置物が売られています。食事をしながら家族がコミュニケーションを図るダイニングルームに鷄の置物を置いておくと、家族の”仲間”として働いてくれて、金運アップのエネルギーを運んできてくれます。

 

 金運はキラキラしたものが好きなので、キラキラ光るガラスやクリスタルでできた鶏の置物を選ぶと、なおよいでしょう。同じく開運のモチーフとして、ふくろうがありますが、ふくろうの置物はリビングのほうがおすすめです。

 

自分の好きなようにしていい場所がリビング

好きなものを飾るとリラックス効果があります。リビングは、たいてい大きな窓がある場合が多く、玄関に次ぐ気の出入り口となります。窓をピカピカに磨き、換気をよくすることで、運気を上げることができます。

 

さらに、長時間過ごすくつろぎの場でもあるので、自分の好きなものに囲まれた空間にしましょう。玄関だと”極力物を置かない”などの厳密なルールがありますが、リビングは自由にできます。結局、囲まれていると落ち着く自分の好きなものこそが、その人にとって一番の癒やしになります。好きなインテリアにすることでリラックス効果が生じれば、家庭運や愛情運、対人運がアップします。

 

そのため、たとえば一人暮らしでヒョウ柄が好きな人なら、リビングがヒョウのモチーフだらけでも構いません。ただし、家族がいて、来客も多い家の場合、いくら好きでもコミュニケーション運がダウンするので気を付けましょう。どうしても飾りたいなら、やりすぎないよう注意が必要です。

 

色使いも同様に、リビングに関しては好きな色で統一してもいいでしょう。ただ、部屋中モノトーンだと運気が停滞しがちになるので、どこかにポイントとして赤(運気を活性化する力を持つ)や黄色(金運アップ)のインテリア用品を取り入れてみてください。

 

真南に面するのは実はNGです!!

南向きで日当たりのよいリビングダイニングを売り文句にする建売住宅やマンションが多く見られますが、実は「真南」向きのリビングはさほどおすすめできません。その理由は日光が強すぎるためです。これは風水的には良くないのです。日曜の午後など家族で団欒していても、暑すぎて寛ぐどころではなくなりかねません。日光は強い陽の「気」を持つものなので、必要不可欠ではありますが、強すぎると健康を損ねる原因となる場合も。リビングは家族が落ち着けることが第一なので、真南は避けて、少し東南寄りにするのが理想なのです。

 

家の中心「宅心」に配しても吉

可能なら、リビングを家の中心に配するのも吉です。家の中心は「宅心」と呼ばれ、本来なら大黒柱が配されるべき位置。風水的には神様の場所と考えられる、すべての中心にあたる大切な場所です。理想的には、この宅心には一家団欒の要であるリビングを置くのが吉となります。特に九星で見た生まれ年が「五黄土星」に当たる人は、家の中火が何であるかによって運勢に影響が出やすいので、リビングを宅心に配すると、よい効果が期待できます。

 

仕切りをなくして20畳を確保

リビングは広い空間を確保することが何より大切です。もともと家というのは家具を置く場所ではなく、「空間」があってこそ機能するもの。特にリビングは、ベッドを置かなくてはいけない寝室などとは違い、必要不可欠な「モノ」は何もないのですから、ゆったりと空問を確保してください。望ましい広さは20畳以上です。そこに大テーブルがひとつあれば、家族は好きに寛ぐことができます。最近ではリビングが応接室も家族団欒の空問も兼ねて、ダイニングと連なる空間としてとらえられるようになってきました。機能を限定せずに、何にでも使えるオールマイティーなスペースと考えることが現代的です。

 

あえて弱い家族の方位に当ててもOK

もしリビングの位置を融通できるなら、家族の誰か1人にとって最上の位置に配するという予もあります。ご主人の運は門や書斎や寝室の位置で改善できるので、たとえば家族の中で、身体が弱い、精神的に落ちつかない、といった弱点を抱えている方に合わせてみては。その人の生まれ方位にリビングを配せば、運が向いてきやすくなるはずです。方位は干支、九星の順に優先しましょう。

 

 

リビングダイニングの6つの注意ポイント!!

リビングのチェック

 

〇 リビングに太極があると大吉

リビングに家の中心『太極』があれば、自然と家族が集まり、家族全員がよい気の影響を受けて、家庭円満、気力充実で家運もアップします。

 

〇 南東〜南のリビングは吉

あたたかな日ざしが入る南東〜南向きのリビングは、天の気を受けられるので良いでしょう。家族の会話も弾み、にぎやかなリビングに。人づきあいも活発になります。

 

〇 リビングの掃き出し窓は吉

大きな窓は採光や風通しもよく、明るい吉相のリビングには欠かせないもの。掃き出し窓なら掃除もしやすく、人が集まるリビングには頸適です。

 

× リビングを通らずに個室へ行ける

玄関から直接個室に行くことができる間取りは、家族がリビングに集まる機会が減ってしまい、全員がリビングのよい気を受けにくくなるため避けましょう。

 

× 玄関からリビングまで距離がある

玄関から遠いリビングは、玄関から入ったよい気が届きにくく、家族もわざわざリビングに出向く形になってしまい、一家団らんになりにくいものです。

 

× リビングの手前に水まわりがある

玄関や個室からリビングに行く手前に浴室や洗面所、トイレなどの水まわりがあると、心理的に奥のリビングには行きにくくなり、よい相にはなりません。

 

 

干支別に見るラッキーなリビングダイニング方位

 

子………………北

丑………………西東

寅………………東北東

卯………………東

辰………………東南東

巳………………南南東

未………………南南西

申………………西南西

酉………………西

戌………………西北西

亥………………北北西

 

 

九星別にみるラッキーなリビングダイニング方位

一白水星…………北

二黒土星…………西南

三碧木星…………東

四緑木星…………東南

五黄土星…………中央

六白金星…………西北

七赤金星…………西

八白土星…………東北

九紫火星…………南

5インチ コンパス 風水コンパス 風水グッズ 羅盤 祈祷師 開運 財運 風水アイテム/置物 飾り物/開運

新品価格

¥1,799から
(2019/8/15 15:20時点)

方位ごとの特徴をつかんで快適なリビング

凶方位のリビング

 

家族が集い、ときには来客を迎えるリビングは、居心地のよさが重要ポイントです。玄関に近く、明るく広々としていて、家族が気軽に集まれるような雰囲気のリビングであれば、基本的にどの方位にあっても凶相となることはありません。ただし、方位ごとに吉作用・凶作用があるため、気をつけるべき点も異なってきます。方位ごとに異なる特徴をつかみ、家族全員の運気を高めるようなリビングにしましょう。

 

北のリビングは子の方位に窓を設けない

北のリビングは囗当たりが悪く、明るさや暖かさに欠けるため、そこに住む人の性格も陰気になりがちです。こうした作用を防ぐには、リビングをできるだけ明るく温もりのある雰囲気にすることが大切です。壁やカーテン、家具なども注意して選びましょう。床暖房を設置するのも吉となります。また、子の方位の窓は陰の気を招くことがあります。窓はできるだけ西北寄りに設けましょう。

 

東北のリビングは艮の方位の窓を避ける

東北にリビングを設ける場合は、窓はできるだけ東寄りにつくることが大切です。とくに、艮の方位の窓は、住む人の運勢を大きく衰退させる大凶相です。北のリビングと同様に、東北のリビングも住む人の性格を暗くしがちですが、明るく、落ち着いた雰囲気にすることでこうした作用を抑えることができ、運気も上昇します。

 

東のリビングは運気が発展する大吉相

東のリビングは、住む人を健康にし、性格を明るくして運気を高める作用があります。張りがあれば、さらに運気は上昇します。しかし、背の高い家具や重厚な家具を置くと運気が弱められてしまうので、家具の選び方に注意しましょう。窓を大きくして光あふれるリビングにして、より運気を高めたいものです。

 

東南のリビングは交際運を高める大吉相

東南のリビングは、幅広い分野の人との交流が活発になる大吉相です。この方位には落ち着いた雰囲気よりも若々しい雰囲気が似合い、東と同様に、張りがあれば、さらに運気は高まります。気持ちのよい風が入る方位なので、窓やベランダを設けて風をよく通し、観葉植物を置くとよいでしょう。

 

南のリビングは才能に恵まれる大吉相

南のリビングは芸術や学問の才能に磨きがかかる大吉相です。この方位も、張りが運気の上昇を促します。芸術などの才能に恵まれる方位ですから、センスのよい絵画やポスター、写真などを飾ったり、個性的なインテリアを心がけたりすると、より運気を高めることができます。

 

南西のリビングは坤の方位の窓に注意

南西のリビングは、ゆっくりと休養するのに適しています。とくに、女性によい運気をもたらししかし、坤方位の窓は、女性の健康を損ねる大凶相となりますから注意が必要です。南西にリビングを設ける場合も、窓の位置に気をつけてください。また、南西から入る西日の熱気は、住む人を内向的・閉鎖的にすることがあります。風通しをよくするように気を配り、陽気を高めてこうした凶作用を抑えるようにしましょう。モダンで華やかな雰囲気も、運気を高めるのに効果的です。

 

西のリビングは酉方位に窓をつくらない

西にリビングを設ける場合も、窓の方位に注意しましょう。とくに酉の方位に窓があると、男性の運気を衰退させますから、窓をつくらないことです。南西と同様に、西目の熱気がもたらす凶の作用を防ぐには、日ざしを遮るカーテンやブラインドの工夫が必要です。また、室内が華美にならないように注意しましょう。西のリビングは、装飾的なものよりも、機能的なインテリアが吉となります。

 

西北のリビングは重厚な雰囲気にする

一家の主人の方位である西北のリビングには、一家の主人を、まめで家族思いのやさしい夫・父親にする作用があります。さらに、一家の主人の社会での発展運や成功運を高めるためには、リビングを豪華な雰囲気でまとめるとよいでしょう。家具なども、重厚で高級感のあるものが適しています。張りをつくるのもよい方法です。

 

※浮気されやすい家相

※「張り」「欠け」の考え方

 


無料で風水の間取りをとる方法!!

間取り請求 風水・家相バナー

 

 

これから家を建てる方は朗報です!!

 

「家相」「風水」を考慮した「開運の間取りプラン」が、

 

【無料】でもらえるのです!!

 

 

↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓

 

 

このサイトを利用するメリットは3つ!!
風水・家相の専門家が考えた「間取りプラン」がもらえる!!
具体的な金額がわかる「見積もり」がもらえる!!
利用は「完全無料」!!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る