「家庭円満」になる風水リフォーム!!【寝室・キッチンの工夫で夫婦運アップ】

「家庭円満」になる風水リフォーム!!【寝室・キッチンの工夫で夫婦運アップ】

家庭が円満になる!夫婦運アップ!の風水リフォーム!!

家庭円満のリフォーム

 

 

「家庭円満」の風水リフォーム

家庭が円満ではないのは、風水的に何らかの問題がある場合が多いのです。ここでご紹介している項目は、リフォームに限った話ではありません。家を新築するときや、お部屋を借りる時にも同じことがいえます。

 

 

主人の寝室の方位を大切にする

家庭円満の風水

 

幸せで豊かな家庭を望むなら、やはり重要になるのは一家の大黒柱である主人の居場所をどうするかです。しかし、それぞれの家の理想に合わせて、主人の居場所も変わってきます。おすすめしたい方位は2種類です。ご主人の威厳を高めて一家の結束を強めたい場合は、主人の個室か寝室を「西北」方位にしつらえてください。主人中心よりは家族が友だちのように仲良く暮らしたい、というご家庭の場合なら、主人の干支の方位に寝室を設けることです。

 

 

「東南」の方位に少し張りをつくる

家庭円満には、まずは家の「東南」方位を整えましょう。もともと風水では、一家に発展や幸運がもたらされるのは「東南」の方位からだと考えられてきました。水場を配している場合は移動して、玄関や居問などに変えるといいでしょう。さらにおすすめしたいのは、この方位に程よい「張り」をつくることです。これは非情に重要なことです。吉方位の「張り」は吉の意味を増幅しますので、最大ラッキー方位である「東南」の「張り」は最強の「張り」になって、一家に吉運を呼び込む大きな手伝いをしてくれるのです。

 

 

「西」の玄関は別方位に移す

もし玄関が「西」の45度の範囲に入っているなら、できれば玄関の位置を変えることをおすすめします。「西」の玄関というのは悪い方位ではないのですが、家庭の結束を考えるなら、あまり適当ではありません。このような場合は早急に改善が必要です。風水では元来「西」というのは歓楽を表わす方位なので、この玄関の家に住む家族は家庭内に目が向かず、楽しみを求めて外に遊びに行きたくなる傾向があるようです。ご主人が飲み歩いて帰ってこない、奥様の遊興の度が過ぎる、お子さんが遊んでばかりいる、といった悩みがあるなら、方位を移したほうがよいでしょう。特にドアが西の正中線エリアの15度内にかかっていると影響が大きくなりますので、開口部だけでも真西から外すようにリフォームしましょう。

 

 

東〜東南の方位に広いリビングをつくる

家族が仲良く暮らすには、みんなが顔を合わせる共有スペースを充実させることが欠かせません。そこで私かおすすめするのは、広いリビングルームです。狭い家だから無理だと思うのは間違いで、狭いスペースだからこそ細かく仕切って使うよりも、むしろ共有スペースはできるだけ大きく取り、個室はコンパクトにまとめたほうがゆったリ暮らせるものです。家具を最小限にとどめるのも空間を広ぐ使うコツです。客問用のソファーなどは置かずに、大テーブルを置くだけにすれば、家族全員が自在に使える空間にできます。さらに方位を「東〜東南」にすれば、開放感も獲得でき理想的です。リビングはこのようにリフォームしましょう。

 

 

キッチンを開放的にする

家族の幸せを切に願うなら、一家の主婦が元気でいられることは必須条件。毎日少なからぬ時間を過ごすキッチンが孤独な空間であってはなりません。もし閉ざされたキッチンなら、思い切って開放的な形にリフォームするといいでしょう。すなわち、オープンキッチンにリフォームしましょう。最近は対面型が一般的になりましたし、開放感をもう一歩おし進めた「アイランド方式」のキッチンも、ぜひおすすめしたいスタイルです。水場や火気が正中線エリアにかかっているようなキッチンをリフォームする際には、方位の問題を解決するついでに、「開放感」を取り入れる工夫が必要なのです。

 

 

 


トップへ戻る