北方位は流れる水を象徴し和合と流通をつかさどる方位

水の流れ

 

 


 

 

北(坎)は、夫婦の運や子孫の運を左右する方位

八卦の「坎」は、「上が欠ける」と書き、光のさし込まない穴や上のくぽんだところを意味します。自然では水や雨、生物では種、季節では真冬、時間帯では真夜中、家族では真ん中の男の子を表します。

 

北は、八方位の中で最も暗い方位で、地上の草木は枯れ、だれもが寝静まっているころです。陰の気が極まった方位ですから、運気は停滞や終止、衰退などを示します。しかし、地中では草木の種がやがて訪れる春を待ち、睡眠をとりながら明日へ向けての活力を養っています。陰気から陽気へと移り変わる方位で、再生する力を秘めています。陰と陽が交差する神聖な方位でもあるので、その神聖な気を乱すような火気や水気、大きな窓などのない間取りがよいとされています。北は陽(男性)と陰(女性)の結びつきをつかさどる方位ですから、夫婦の運や子孫の運にとくに大きな影響を与えます。

 

「北」の八方位としての意味とは?

北は一白水星で流水を象徴します。地上から蒸発した水は、雲となり雨となり、清流から川に流れ大海に注ぎます。そのさまざまな困難や苦労の過程を意味し、和合や流通をつかさどります。北と関係が深いのは、一白年生まれ、一白月生まれ、子年生まれ、12月生まれの人です。

 

この方位は族間や密接な関係をあらわします。北方位に、テレビ、オーデイオ、楽器等音を発する物を置いている人は、日常のなかで騒音で悩んでいるはずです。東、東南に移動するのがベストなのですが、無理なら背の高い観葉植物を置くと良い対処法になるでしょう。北方位にお風呂がある場合本人の意思に関係なく不倫になる場合があります。その場合はピンク色の小物が良いでしょう。トイレ玄関の場合もピンク色のものがベストです。どちらかといえば、暖色系の色でまとめるのがよいでしょう。夫婦仲家族仲の悪い場合はここが原因の可能性が高いのです。他、会社の人との仲、友達、密接な人との関係も同様です。

 

※浮気されやすい家相

※「張り」「欠け」の考え方

 

 

神聖、秘密、子宝の方位

北は寒い、暗いといったマイナス面が強調されがちですが、北極星や北斗を神聖視した古代には。北は神を拝する神聖な方位でした。家の社会的なネットワークに関わる方位なので北をうまく活かせば家人の社交性が高まり、結果的に経済も安定します。八卦では「坎」という卦で象徴され、自然界では「水」を表わします。人間では次男の意味になります。また「坎」には「はらむ」という意味があるために、北に夫婦の寝室を配すと子宝に恵まれるともいわれます。

 

具体的な活用法としては、鬥や玄関を配せばよいつくりとなり、人間関係が好転し、事業では優秀な外部スタッフに恵まれます。夫婦の寝室にすれば愛と信頼が築かれることに。涼しく集中できるため、書斎、子どもの勉強部屋、お年寄りの部屋としても最適です。九星では「一白水星」の定位置になります。

 

 

「北」方位の凶相と吉相

「北」方位の凶相

●北に欠けがある

●北に窓、廊下などの開放部がある

●北にトイレや浄化槽、下水がある

●北は君子の場所なので、そこを汚すものがあるのは凶相となる

●北にキッチンや浴室がある

●北に倉庫や納屋がある

●北にだけ地下室がある

●北に大きな穴がある

●北側が低くなっている地相

 

「北」方位の短所

もともと自己表現が苦手だったり、心配性だったりする人の場合、この静かで内に向かう気は状況をさらに悪化させかねません。

 

【運勢】

「交わり」という象意がマイナスに働きます。閉鎖的で社交性がなくなったり、孤立したりすることがあります。

【仕事運】

人間関係がうまくいかず、職場で孤立しがち。交渉ごともうまく運びません。部下に恵まれず、迷惑をかけられることも。だからといって、お酒を飲みすぎたりギャンブルにおぼれないようにしましょう。健康を損ない信用を失うことになります。

【家庭運】

異性関係のトラブルや不倫で夫婦仲が悪くなる暗示です。子宝に恵まれにくくなります。この家相は泥棒に狙われやすく、盗難事故がたびたび起こります。

【健康運】

腎臓病、膀胱炎、痔など下半身の病気をわずらいやすくなります。不眠に悩みます。「生殖器」の象意から、女性は冷え性や婦人科系の疾患に要注意。男性の場合は性病の暗示があります。

 

 

「北」方位の吉相

●北に3分の1以下の張りがある

●北に母屋より小さい別棟がある

●東南に張りもしくは、別棟があるとなお吉

●北が2階建てで南が平屋の建物

●北が壁で閉塞している

●北が高く、南がなだらかな地相

●北の冷気を防ぐ。

 

「北」方位の長所

もっとも静かで穏やかな方角です。人が内省的になるのを助けるので、客観的に考え事をしたいとき、穏やかになってストレスを和らげたいとき、気を散らすことなく仕事に集中したいときなどに向いています。

 

【運勢】

北の象意の「中年男性、和合、男女の情愛、秘密」に関連した事柄が吉相のエネルギーを受けて起こりやすくなります。ただし、北は極陰の方位であり、時刻は真夜中なので、目立たない形で起こります。

【仕事運】

仕事は細く長く発展する運勢です。ライバルからねたまれることもないでしょう。交際上手で人間関係に恵まれ、交渉ごとはスムーズに成立。協調性や順応性があり、職場や仕事に早くなじみます。趣味と実益をかねた副業に恵まれる可能性もあります。

【家庭運】

「生殖器」の象意があることから夫婦仲がよく、子宝に恵まれます。この家相の家で育った人は、協調性や和合性に富んでいるため、目上の人にかわいがられて引き立てられます。順調な人生を歩むでしょう。

【健康運】

北の方位は腎臓をつかさどります。腎臓の機能が活発で、血液の浄化作用もスムーズなので、いつまでも若々しく活動的でいられます。

 

※マンションの風水・家相

※鬼門を防ぐ方法!!

 

 

「北」方位の意味

【健康】【子供運】

北は季節は冬、つまり冬眠の時期、時間は深夜のH時から1時を示し、睡眠の時間です。なので、健康や子供運に直結します。また寒さが厳しく、日光の消毒作用も期待できないので、トイレにはふさわしくありません。そして、北の窓は、冷たい北風が大量に吹き込むのでいつも寒く、女性の健康に良くないとされています。ですから、北の部屋は窓が少なく壁が多いと、「盛相」といわれます。どうしても窓を避けられない時は、小さな窓にし、暖色系のカーテンをつけるなど、寒々とした雰囲気を和らげる工夫をすると良いでしょう。「水の気」をもつこの場所は、一白水星の人の定位置で、ラッキーカラーは黒です。ですから、インテリアの家具や小物に、黒っぽいものを採用するのもいいでしょう。

 

【九星】―白水星

【十干】壬・癸

【十二支】子

【易象】Ξ(笳

【五行】水・寒

【季節】12月

【時間】23〜1時(子の刻)

【五臓】腎臓

【色彩】黒一白

【味覚】鹹(塩からみ)

【数象】1・6

【方位】北方30度

【一白水星の象意】 中年男性 黒白 交わり 陥る セックス オナニー 穴 苦しむ 始まり ごまかす 下がる 降る 結ぶ 秘密 根元 考える 悩み 葛藤 睡眠 奸智

 

 

 

「北」方位の象意【星・角度・方位にまつわる現象】

 

【天象】

寒冷 寒気 冷気 雨 雪 霜 霧 もや 雲 水気 月 深夜 水害 豪雨

 

【人象】

中年男性 泥棒 空き巣 詐欺師 僧侶 尼僧 哲学者 書家 貧乏人 盲人 外交官 公務員 病人 水商売の人 スパイ

 

【場所】

裏口 裏門 寝室 浴槽 洗面所 床下 水族館 サウナ風呂 ガソリンスタンド 病院 海水浴場 釣掘 漁場 さびしいところ 井戸 洞穴 湿地

 

【事物】

帯 ひも 折りたたんだもの 伸び縮みするもの インク ペン 布巾 針 ニス、ペンキなどの液体塗料 石油 人形 仏像 テレビ タンス

 

【飲食】

栄養素 牛乳 魚肉 刺身 塩 飲料水 酒類 漬物類 塩辛類 ヨーグルト するめ 豆類

 

【生理】

腎臓 陰部 肛門 子宮 卵巣 睾丸 膀胱 尿道 精液 鼻孔 耳孔 あご あざ ほくろ 眼球 汗 涙 冷え性

 

【動物】

狐 豚 シロクマ ガラス カワウソ フクロウ 蛍 尺取虫 イカ クラゲ ナメクジ ミミズ 魚類 大型犬 トンボ ナメクジ 蜘蛛

 

【植物】

柊 寒椿 寒紅梅 藤の花 垂れて開花する花 水仙 ウラジロ 蘭 蓮の花 水草 藻 苗木

 

※「八方位」の意味と凶相・吉相

※【生年九星早見表】

※戸建ての風水・家相

 

 

真冬と夜に深いつながりを持つ、静謐な気です。表面上は穏やかに見えますが、奥深くでは再生と発展に関連する力強いパワーを運びます。

 

 

十二方位では北は「坎」

北の八卦

 

北(坎)は夫婦の愛情運や健康運、子孫の運を大きく左右します。北は1日でいえば真夜中、季節では真冬、植物では種子、自然では水や雨、人間では胎内に宿った命を表します。「坎」は「上が欠ける」と書き、太陽の光が当たらない地面のくぼみや穴を意味し、運気が落ち込むことを暗示しています。しかし、真夜中や真冬は睡眠や休養をとりながらエネルギーを養うときです。種子もまた、春に備えて生命力を蓄えています。つまり、北は物事の終わりと始まりが交差し、世代交代をする重要なところで、目立った動きはみえなくても、再生する力を内に秘めている方位なのです。北は陽(男性)と陰(女性)の結びつきをつかさどる方位です。そのため、夫婦の愛情運や健康運にとくに大きな影響を与えます。また、部下運、一家の繁栄の基礎運などをみます。

 

北(坎)の吉作用

●病気をしても回復が早く、家族全員が健康に暮らすことができる

 

●夫婦の結びつきが強く、仲がよい

 

●やさしい子どもに恵まれる

 

●堅実で、温かな家庭を築くことができる

 

●優秀な部下に恵まれ、目下の人から慕われる

 

●多くの人から尊敬される

 

●交際範囲が広く、多くの友人に恵まれる

 

●知識欲が旺盛で、思考力も豊か

 

●文学や教育の才能に恵まれる

 

北(坎)の凶作用

 

●家族が病気がちで、回復も遅い

 

●内向的な性格で、孤独に陥りやすい

 

●夫婦の仲が悪く、異性問題が生じたり、離婚騒動に発展するなどトラブルが絶えない

 

●家庭内が暗く、冷え冷えとしている

 

●子どもが授かりにくい

 

●子どもが非行に走るなど、親の期待にそむくことが多い

 

●経済的に恵まれず、余裕のない生活を強いられる

 

●人に裏切られ、金銭や地位を失うことがある

 

●自制心が弱く、誘惑に負けやすい


トップへ戻る