八方位

 

 

家相には、方位が持つ意味に関係する現象が吉凶作用としてあらわれます。方位は非常に重要な要素です。ここでは、それぞれの方位について解説していきます。

 

 

象意が吉凶の現象としてあらわれる!!

八方位のエネルギーは、それらが持つ意味にしたがってさまざまな影響をもたらします。この方位の持つ意味は「象意」と呼ばれています。象意は、八方位が九星や五行と深いかかわりを持っているために、それらのさまざまな意味も加わり、自然現象や人、体の各部位、場所、事物、動植物、飲食物など、広範囲にわたっています。家相に吉相があると、象意はプラスに慟いてよい現象としてあらわれますが、凶相があるとマイナスに働いて、悪い現象としてあらわれます。

 

象意の現れ

 

たとえば、家の東に5分の1以下の張りがある吉相を例に取ってみましょう。東の象意には「長男、若者、震う」といったことがあります。吉相はこれらの事柄によい影響を与え、子どもが順調に成長し、とくに男子は何をやっでも成功するということを示します。家相の吉凶作用は家族全員にあらわれますが、その方位に関係の深い人により強く作用します。たとえば、北に吉相がある場合は、子年生まれや一白年生まれの人、12月生まれや一白月生まれの人に強く作用して、運気を発展させ幸運をもたらします。逆に北に凶相がある場合は、これらの人に凶作用が強く出ます。

決定版 Dr.コパの家相と風水: 環境開運学としての風水大全

新品価格
¥1,728から
(2019/7/15 10:57時点)

 

八方位とは?

 

風水では気の流れを説明するのに陰陽と五行に加えて、3つめの体系を用いています。それは、方位磁石の8方向を基盤にした、八方位です。それぞれの方位は、それぞれ異なる気と結びついています。建物や部屋の中心には方位がなく、八方位か出会う場所です。そこには第9の気があります。

 

れぞれの方位が結びついているビジネス、その機能の仕方、五行、九星数、色、時間帯、そして季節を示しています。それぞれの方位が持つエネルギーは、人の精神状態にも影響を及ぼします。気は、表で示した季節の時間帯にもっとも活発になります。たとえば、社屋の北部分の気がもっとも活発になるのは冬の夜です。八方位との関係を知ることが、風水の実践の基盤となります。それぞれの気の特質を尊重して、気の流れを好ましい方向に変えることができるようになるのです。

 

 

八方位の意味

 

「八卦」に当てはめて意味を覚えることが大切です。方位の基本となる「八方位」です。現代では「東」「東南」といった名前で呼ばれますが、風水ではこの八方位に「八卦」を当てはめているのが特徴です。

 

たとえば「南」は、地理的にはただの「南」でしかありませんが、風水では八卦の「離」という概念を当てはめてその意味を読み解きます。「離」とは燃える火を表わすもので、色でいうなら赤となります。季節でいうなら夏。人でいうなら次女です。明るさ、目立つこと、直感なども表わします。つまり風水における南には、こういった多様な意味が含まれるわけです。そこから、次女の部屋は南にするといいとか、仕事で目立ちたい人は玄関を南向きにするといい、といった方位の利用方法が開発されてきたのです。ですからこの八卦の意味さえきちんと理解すれば、誰でもおよその方位の使い方をマスターすることができるのです。さらに方位には、暦でおなじみの「九星」も当てはめられてきました。ここでは詳しく触れませんが、「一白水星」は北、「九紫火星」は南、というように定位置が決められています。八方位に含まれない「五黄土星」は中央となっています。

 

 

気の方向を調節する

 

建物内の気を調節したり、乱れている気を調和させたりするには、五行の原理を用います。たとえば、建物の束部分にある木の気を育むには、そばに噴水を設置したりして、水の気を加えます。反対に、南部分にある火の気を抑えるには、上の気を使います。平たい粘土製の植木鉢に黄色い花を植えて置くとよいでしょう。建物のまわりの環境も、五行が乱れる原因になります。南に湖があると、水と火のエネルギーが一緒にされてしまいます。これは、ほかの要素を加えてサイクルを完成させることで解決できます。建物と湖の間に、本や背の高い植物を植えれば、気の流れは滑らかになります。水は木を、木は火を生かすからです。

 

また、ビジネスの弱い部分を特定して、それを克服するために五行を用いることもできます。たとえば売り上げが不振だったら、それは南の気が弱いということです。それを改善するには、明るい照明(火の気)と背の高い植物(木の気)を、会社の南部分に設置すればよいのです。

 

 

「八方位」を解説

ここでは、八方位のもつ力についてくわしく見ていくことにしましょう。理解していけば、皆さんが今住んでいる家相を大まかですが分析できるようになります。

 

東方位=躍動の方位

〈九星〉三碧木星 〈十二支〉卯

東は、太陽が昇ってくる方位です。夜明けを暗示しており、大地に日の光を降り注ぎ、植物を生長させていく場所となります。

 

三碧木星が配置されています。これは「震雷(しんらい)の星」と呼ばれ、雷を表わしています。前進、物事の始まりを意味しています。十二支では卯です。卯は、地中で生を受けた草木が、地上に姿を現わす「芽吹き」を意味しています。

 

この方位を吉相にしておくと、若い人や長男の成功、家庭の繁栄をもたらしていくようになります。とくに東が定位の人が何か新しいことに挑戦するときには必ず吉相していきましょう。逆に凶相だと、さまざまな子供に不幸が起きるなど、家族全体に凶作用が訪れます。

 

南方位=頭脳明晰の方位

〈九星〉九紫火星 〈十二支〉午

南は、太陽が頂点に達する方位です。明るい日差しが集まり、私たちに光と温かさを与えてくれます。物事を明らかにしていく方位でもあります。

 

九紫火星は火を表わします。火は暗闇に光を灯し、そしてそこから発する熱は、寒さから私を守ってくれます。あらゆるものに光と温かさを与えていきます。午は、草木が生長したその頂点を示しています。それは同時に、繁栄と衰退の分岐点も暗示しています。

 

この方位を吉相にすると、繁栄は長続きし、衰退している大は上昇の機運が見えてきます。また、人の体では頭にあたります。頭脳明晰になり、学術で秀でたり、新しい発見をしたりします。女性であれば、容姿が美しくなります。

 

西方位=喜びの方位

〈九星〉七赤金星 〈十二支〉酉

西方位は太陽が沈む方位です。未熟な状態からピークを迎え、そして最後の平安に向かっていくことを暗示しています。その意味では努力をしてきたことの結果を最終的に出す方位で、「刈り取る」ということを表わしています。

 

七赤金星は「兌沢(だたく)の星」と呼ばれ、秋の収穫を表わしています。一年の中でいちばん実りの多い時期、その喜びを表現している九星でもあります。酉は、「酒を入れるかめ」を表わしています。つまり、実を収穫し、それを熟成することを意味しています。

 

この方位は成熟を意味することから、飲食、贅沢、金銭、魅力という内容をもっています。また、レジャーなどにも縁のある星ともいわれています。

 

北方位=人間関係の方位

〈九星〉 一白水星 〈十二支〉子

南の「火・夏」に対して、北は「水・冬」を表わしています。「地面の中でじっと春を待つ」ということから、冷たい、耐える、さびしいなどを暗示しています。

 

一白水星は「坎水(かんすい)の星」といわれ、水を表わしています。水は形がありません。どんな器にも入るということから、柔軟な性格を表わしています。地中にしみ込むということから、秘密、見えないという意味もあります。

 

子は、草木の種が地中でじっと芽吹きを待っている季節を表わしています。また、子孫や家族を意味し、吉相では子孫の誕生を暗示しています。この方位を吉相にすると、交友関係、取引関係、家族関係などがうまくいくといわれています。

 

東北方位=変化の方位

〈九星〉八白土星 〈十二支〉丑・寅

この方位は、山を表わし、積極的に行動するというよりは、じっと動かず、次の段階へのステップアップのために、エネルギーをためているという暗示をもっています。変化よりも抑制に強い「気」が働いています。この方位は表鬼門にあたります。

 

八白土星は「艮山(ごんざん)の星」といい、山を表わしています。そこから、すべてのことに決着がついて、また新しいことが始まっていくという意味をもっています。新旧交代、再出発ということを暗示しています。

 

丑は、草木がつぽみで堅く閉じこもっているという意味。寅は地中でじっと芽生え、成長を待っていることを表わしています。新しいことへの起点となっていきますから、変革への前兆ともいえるでしょう。

 

東南方位=信用の方位

〈九星〉四緑木星 〈十二支〉辰・巳

この方位は、人との縁や商売運に深く関わる方位です。商売、交際、縁談、結婚などに影響をもち、凶相であれば、迷いなどを生じていきます。

 

また、晩春から初夏を表わす方位で、地上の生物が天の干不ルギーを受けて成長していくため、物事の本来の形が整っていくという意味もあります。

 

 

四緑木星は「巽風(そんぷう)の星」といわれ、風を意味しています。風は、草木の種子を運んでいきます。それと同じように、生活の中でさまざまな情報を運んでいくという暗示があります。辰は草木が地上でどんどん生長しいくことを意味しています。また、巳は次のステップへの種子を作ることを暗示します。

 

南西方位=基盤の方位

〈九星〉二黒土星 〈十二支〉未・申

この方位は、大地を表わしています。大地は天からのエネルギーを受け止め、蓄えてくれる場所です。ですから沈黙、勤勉、努力といった粘り強く取り組むという暗示があります。また、南西は裏鬼門にあたります。

 

二黒土星は「坤地(こんち)の星」といわれ、大地を表わしています。大地は生きとし生けるものすべてを養い、育んで、恵みをもたらしてくれるものです。未は、草木が成熟して結実するという意味があり、申は成熟しきって実がなることを表しています。努力が実り、成果が形となって現われてくることを暗示しています。

 

この方位を吉相にしておくと、自分が主人公というよりは、誰かを補佐して物事を成功に導いていくことができます。

 

西北方位=一発逆転の方位

〈九星〉六白金星 〈十二支〉戌・亥

この方位は、何事も充実していることを表わす方位です。心はおだやかになり、人間関係などを円満にしてくれる方位です。

 

六白金星は「乾天(けんてん)の星」といって、天地自然の中でも天を表わしています。季節では晩秋にあたり、完全無欠、充実を暗示しています。戌は、まさかりを表わした文字で、実った草木を刈り取ることを意味しています。亥は果実から飛び出した種子が、地中でじっと芽生えの時期を待っていることを暗示しています。

 

この方位が吉相のときには、完全、権威、強大、支配、尊重、円満、発展など、成熟することによって、周囲から好影響を受けることになります。また、金銭に深いかかわりがある方位でもあります。

 

 

家の方位は「八方位」と「「二十四方位」

方位は家づくりの風水において最も重要な要素です。玄関や水場など、用途別に吉となる方位や凶となる方位が風水学でははっきりと決まってきます。ただし、ひと口に方位といっても、東西南北の四方位だけではありません。この本で基本的に採用しているのは「八方位」。つまり北、東北、束、束南、南、西南、西、西北の8つの方位です。これは方位の基本なので、みなさんがご自分で方位を見るときには、この八方位の意味さえ知っておけば、大まかなポイントは押さえることができます。いわゆる「鬼門」と呼ばれるのも、つまりは八方位で見た東北と西南の方位のことです。

 

また、「十二支方位」もよく使われる基準です。これは「丑寅の方角が・・・」などと時代劇に出てくる日本人にはお馴染みのもので、十二支を方位に当てはめたもの。北から束へ、子、丑、寅…と続きます。しかし、さらに精密に方位を調べたいときには、風水では「二十四方位」を用いるのが一般的です。専門の風水師が使う「羅盤」にも、この二十四方位が記されています。ただしこの二十四方位を用いるときは、少しでもズレると方位が違ってしまうため、実際には専門家に見てもらうほうがいいでしょう。ちなみに、この二十四方位は「八卦」「十干」「十二支」をミックスしてつくられているものです。それぞれの方位には細かく様々な意味づけがなされており、まさに中国の知恵をすべて凝縮した知恵の宝庫ともいうべきもの。風水師が羅盤ひとつを持つだけですべての問題を解決できるのも、この二十四方位の意味をつぶさに知っているからなのです。

 

 

東南の象意の現れ方

象意 :風、斉う、遠方、信用

 

【吉相の場合】

(3分の1以下の張りがあるなど)

吉相の場合、起きる現象は、遠方からよい情報を得て、仕事がうまくいきます。仕事に関しては何事も怖いほどうまくいきます。信頼されて出世する場合がおおいです。

 

【凶相の場合】

(東南に3分の1以下の欠けやトイレがあるなど)

凶相の場合、起きる現象は、斉うはずだった商談が、ご破算になるなど。とくに外国など遠方との仕事ほどうまくいきません。そのため信頼を失ってしまう可能性が高いです。

 

 

西の象意の現れ方

象意 : 口論、金銭

 

吉相の場合

(3分の1以下の張りや、入り口もなく壁でふさがれているなど)

吉相の場合、起きる現象は、金運がアップします。たとえば、話し上手で社交的なため、人から引き立てられて成功し収入が増えるなど具体的にお金のまわりが良くなります。

 

【凶相の場合】

(西に欠けやトイレがあるなど)

凶相の場合、起きる現象は、金運が下がります。仕事に意欲が持てなくなったり、欠勤や遅刻が増えて評価を落として収入が減るでしょう。ギャンブルで損をするなど、賭け事は禁物です。

 

 

象意が示す体の八方位

人の体も、八方位に当てはめて考えることができます。南が頭部、南西が右手、東南が左手、中央が腹部、西が右脇、東が左脇、北は性器、西北が右足、北東が左足になります。また、五臓でいうと、東が肝臓、西が肺臓、南が心臓、北は腎臓、中央は胃腸です。この方位に吉相があれば、それに関係する部位は健康となり、凶相があればその部位に何らかの不調や疾患があらわれます。

 

 

自分だけのラッキー方位を活用する

風水や家相に詳しくない方でも、「方位」が大切らしいということくらいはご存知でしょう。方位の最もポピュラーな考え方は、東西南北を45度ずつに分ける「八方位」です。さらに風水では、その八方位に八卦の意味を割り当て、様々な事柄を連想ゲームのごとく謎解いていきます。また方位には、それぞれ吉凶がありますが、それは人によって異なるものなのです。

 

日本の家相では、鬼門として嫌われる東北も、人によっては最高のラッキー方位となるのです。人の外見や性格がそれぞれ違うように、方位の吉凶も人によって違うのです。そして、それを教えてくれるのが「本命卦」なのです。吉凶方位盤は、本命卦別の方位の吉凶を8段階に表わしたもの。大きく四吉方位と四凶方位に分かれます。たとえば、本命卦が「坎」の人にとって、東南、東、南、北が吉方位、西南、東北、西北、西が凶方位になるわけです。ただし、ひとくちに吉凶といっても、その意味は実に様々です。各方位の吉凶のレベルと意味をよく確認しながら、実生活の中で有効利用していくようにしましょう。

 

ラッキー方位は家の中心から調べる

本命卦による自分の方位が、具体的にチェックできたら、実際に家の中での吉方位と凶方位を調べてみましょう。方位を正しく測るためには、まず家の中心を求めなければなりません。ワンルームマンションや各部屋の中での方位を調べるときも、同様の手順で、必ず部屋の中心から測ります。また、仕事場など、家以外の場所で方位を測る際も、基本はその建物の中心。正確にわからない場合は、目測でもかまいません。

 

家の方位を正しく測る

人に方位の吉凶があるように、実は家にも、方位の吉凶があります。これは、家そのものが持っている運気を表わすもので、結果的に住んでいる人にも大きな影響を及ぼします。家の方位には東西南北を45度ずつ分ける「八方位法」と、さらに細かく15度ずつ分ける「二十四方位法」があります。家の方位は、家の中心ではなく、玄関から求めます。「八方位法」で求めた家の方位は「宅卦」と呼ばれ、これは「本命卦」に対応するものとなっています。たとえば、玄関が北を向いている家なら「離宅」、玄関が東南を向いている家は「乾宅」となります。

 

「宅卦」は、「本命卦」と同じように、「東」「四命」(坎宅、離宅、震宅、巽宅)と、「西」「四命」(乾宅、坤宅、艮宅、兌宅)に分けられ、「本命卦」が「東四命」の人は、「東四命」の家に、「西四命」の人は、「西四命」の家に住むのはベストだと言えます。「二十四方位法」の場合も、方位の測り方は同じです。八方位での「離宅」は、「丙」「午」「丁」に分かれ、「丙山の家」「午山の家」「丁山の家」というように呼ばれます。二十四方位の種類は、「風水・羅経盤」を参照してください。

月と風水 〜時間と空間を操る時空風水〜

新品価格
¥1,296から
(2019/7/15 10:54時点)

象意について

「方角」や「季節」「時問」「開きやすい運気」「モチーフ」「食べ物」「場所」「身体の部位」「人物イメージ」などにもそれぞれ九星の性質が反映されます。これを「象意」と呼び、風水学ではこの象意を方角やモチーフとして自在に当てはめ、読みこなすことで、欲しい運気を開いたり、物事をうまく進めたり、開運行動を行う指針にしたりするのです。

 

たとえば、「一白水星の私にとって手助けしてくれる『金星』である、六白金星や七赤金星を象意に持っている方角、季節、時間、場所、人を味方にすればよい運気を取り入れやすい」−簡単にいうと、このような考え方です。一白水星の人なら、最初は「一白水星を本命星に持つ自分を手助けしてくれるのは六白金星的なもの。方角だと西北、時間だと19時?23時、場所はお城や神社。パールホワイトの丸いアクセサリーが開運アイテムになる」という感じです。象意はとてもここには書ききれないくらいたくさんあるのですが(すべてのものは九星のどれかに分類されるので)、こうして象意を意識して生活していると、「こういうものはこの星の象意だな」ということがだんだんわかるようになってきます。

 

象意のもう一つの使い方として、たとえば結婚したい相手が現れたときには、「結婚運」を強める四緑木星の象意を身のまわりに取り入れたり、開運行動としてその象意のある方角や場所へ行ってみたり、という方法があります。この場合、かなえたい願いの象意を持つ九星が、自分の本命星と違っていたり、相性が良くなくても(相剋でも)大丈夫。結婚運、事業運、愛情運、不動産運、社交運、金運……自分の願いとあった象意が示すラッキーアイテムを生活に取り入れれば、どの星の人にとってもその運気は取り入れやすくなります。これが運気の流れを味方につけて運をよくする極意であり、すなわちパワーをチャージして開運する「パワーチャージ風水」の極意でもあります。

 

 

 

風水で願いをかなえるには、自分にたりないパワーを象意で補い、よい気がめぐっている時をのがさず開運行動することが重要です。

 

 

無料で風水の間取りをとる方法!!

間取り請求 風水・家相バナー

 

 

これから家を建てる方は朗報です!!

 

「家相」「風水」を考慮した「開運の間取りプラン」が、

 

【無料】でもらえるのです!!

 

 

↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓

 

 

このサイトを利用するメリットは3つ!!
風水・家相の専門家が考えた「間取りプラン」がもらえる!!
具体的な金額がわかる「見積もり」がもらえる!!
利用は「完全無料」!!

 

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る