照明器具で風水が変わるぞ!!【開運】

照明器具で風水が変わるぞ!!【開運】

風水の開運効果が高い照明器具とは?

照明の風水

 

照明の風水

理想的な職場環境とは、建物に可能なかぎりたくさんの自然光が入り、社員はいちばん日当たりのよい場所で働けるというものです。しかし、コンピューターを使っているオフィスでは、光がモニターに反射するのを避けなくてはいけません。どうしても光が当たってしまう場合は、ブラインドなどを使ってもよいでしょう。大きな窓や天窓があれば、建物内の空気が活性化されると同時に人工的な照明を使う必要性が減ります。人工的な光は、必要最低限に抑えるべきです。自分で好きな照明を選ぶことができると、ストレスは軽くなります。デスクランプは、それぞれが好きな物を選べるようにしてはどうでしょう。

 

店舗やレストランでは、照明は特定の場所に人々の注目を集めるために使われます。店名のロゴや商品などに明るい照明、つまり火のエ和レギーを集中させれば、それらは際立ちます。しかし、水に照明を当てるのは問題をはらんでいます。水と火のエネルギーは調和しないからです。滝などに照明を当てて、異なるエネルギーが融合したダイナミックさをかもし出している店もなかにはありますが、より調和した雰囲気を求めるなら、そこに背の高い植物を加えるとよいでしょう。水と植物と明るい光は、風水でいうところの水の気、木の気、火の気であり、うまく調和するのです。

 

社屋の外側をライトアップすると火の気が加えられ、注目度が上がります。北向きの建物に照明を当てると、通行人から見すごされる可能性は激減します。特定のエネルギーを活性化したい場合は、色のついた光を使うとよいでしょう。自分の会社がどちらの方角を向いているかを確認してから、カラーチャートを見て、それぞれの色がどのような影響を及ぼすのかを調べましょう。どうしても通行人の注目を集めたい、もしくは中に入ってもらいたい場合は、入り口の近くに照明を配置しましょう。南西もしくは北東向きの建物で、知名度の低さに悩んでいる会社なら、入り囗の両側に大きな松明を置くとよいでしょう。土の気の方角に火の気が加わり、大目にとまるようになるはずです。

 

 

蛍光灯

オフィスでいちばんよく使われている照明です。しかし、数多くのオフィスで偏頭痛の増加が報告されています。蛍光灯の光は自然光と比べて冷たく、無機的な雰囲気を生み出し、その中で働く人々は不健康に見えます。

 

白熱灯

均一の光を幅広い角度に放射し、室内灯としてもデスク照明としても便利な照明です。広い範囲にわたって気を増加させますが、その気の種類は、使われているシェードの材質によって変わってきます。布製や紙製のものは光を和らげ、陰の空気を生み出します。金属など、光を反射するシェードは陽の空気を生み出します。光が明るすぎる場合は、植物や紙のスクリーンの後ろに置くとよいでしょう。光を和らげると同時にょりくつろいだ陰の雰囲気を演出してくれます。

 

スポット照明

1か所に集中して光を当てることができます。オフィスの机の上や、店舗の商品など、特定の場所の気を活性化させたいときに力を発揮します。また、仕事場の特定の部分だけに光を当て、あとは自然光だけにするといったこともできます。

 

低電圧のハロゲン光

強力な光を発し、気が停滞している場所では、気の流れを活性化させるのに理想的です。ほかの照明と比べて小ぶりなので、簡単に天井に埋め込むことができます。また、支えのない、変わった形のスタンドにも使用できます。用途は幅広く、直接照明にも間接照明にも使えます。

 

ライトアップ照明

上昇する気の流れを活性化します。天井が低かったり、斜めだったりする家に役立ちます。光を当てることによって天井が高く見えるのです。

 

反射照明

天井や壁に光を当てて拡散させるので、直接光が当たるのを避けたい人にはうってつけです。明るい色の光はどよく反射します。陽の傾向が強い直接的な明かりを和らげ、陰に近づけます。

 

カラー照明

電球やシェードに色を使えば好みの色の明かりを生み出すことができます。色を使う場合は、部屋や建物の中心から見たときに、照明がどの方角に位置するかを確かめてから、カラーチャートで、どの色がふさわしいかを調べましょう。

 

 

空間づくり【風水の基本】

家具を配置するときは、気が滑らかに流れるよう配慮しましょう。オフィス、店舗、レストランなどでは、家具の問を緩やかにカーブする通り道をつくるのがいちばんです。直線は、速い気の流れを生むので、場合によっては有害にもなりますから気をつけましょう。背の高いファイル棚などを扉のあまりにも近くに置くと、気が締めつけられて、そこで働く人が孤立してしまいます。人は、自分が向いている方角から来るエネルギーにさらされています。エネルギーは、その人の思考や気持ちを多少なりとも左右するので、それぞれの特徴を知れば、気を自分に有利に使うことができます。自分に役立つ方角を調べて、長時間そちらを向くようにすることもできますし、目的に応じて方角を変えて座ることもできます。たとえば、コンピューターを使って作業するときは東向きが好ましいのですが、チームワークを促進したいときには南西向きがよいでしょう。

 

ほかにも、仕事を成功させるためのたくさんの方法があります。他人と一緒にひとつのデスクで作業をしたり、会議を開いたりするときなど、その時々に応じて自分に必要な気を受ければよいのです。自分が受けている気を特定するには、太陽が自分の真向かいに来たとき、空のどこにあるかを調べます。たとえば、南向きに座っている人なら、いちばん上まで昇った正午の太陽と向き合うことになります。仕事場から空か見えない、あるいはもっと正確に方角を測りたい大は、方位磁石を使いましょう。北西と北のように、隣り合ったふたつの方角の境界線」こに座っている大は、羅盤上で30度を占める角度のほうにいることにしてください。この場合は北になります。にぎやかで人の出入りが激しい空問に背を向けて座らないようにしてください。気が散るうえに、あなたの立場も弱くなります。団結力やコミュニケーションや調和を促進するには、チームのメンバーがそれぞれ向かい合って座るとよいでしょう。ほかのメンバーに背中を向ける位置に座っていると、不安感と孤立感が増大します。各方角の長所と短所、それぞれがサポートする仕事内容をまとめてあります。また、関連のある時間帯、季節、太陽の位置も記載しました。自分がその環境にいたら、どんな気分になるかを想像してみてください。たとえば、真冬の真夜中に外にいるのと、真夏の真昼に外にいるのとでは気持ちがまったく異なるはずです。ものの考え方なども違ってくるでしょう。

 

 

コンピューター・オフィス

コンピューター・オフィスを可能にしたのは、コンピューター、Eメール、インターネットです。現代人は自分のアイデアや思考を電子的に記録し、他人に送信することができます。ペンや紙やファイル棚は必要ありません。インターネットは、視覚から情報を取り入れる人に向いているようです。実際に手で触れたり、耳で聞いたりしないと納得できない人にとっては、現代のコンピューター、オフィスはなじめないものであり、昔ながらの仕事の仕方を懐かしく思っているかもしれません。

 

コンピューター・オフィスをうまく使いこなすには、「視覚化」する力を上。げることが必要です。加えて、仕事からは得られない肌への感覚を、それ以外の場所で袖うことも忘れないでください。マッサージや水泳などは肌を刺激し、バランスを保ってくれるでしょう。ほかにも、肌触りのよいものを身につけるという手もあります。たとえば石や貝、あるいはベルベットのポーチなどを捩り締めればよいのです。コンピューター・オフィスの利点は、空間が広く取れることです。ガラクタやファイルが山積みのオフィスでは、気の流れは遅くなり、停滞します。考えを行動に移すことがなかなかできなくなり、作業の速度は落ち、変化を嫌う傾向が生まれます。すっきりと片づいた開放的なオフィスでは、アイデアが人から人へと楽に流れ、自由な発想が生まれ、どんなことが起きても受け入れられる雰囲気が生まれるでしょう。

 

電磁場

あらゆる電気機器には電磁場があります。その影響はまだ完全に解明されてはいませんが、電磁場に体をさらしていると健康を害するという研究結果も出ています。風水では、電磁場は集中力の欠如や倦怠感を引き起こすと考えられています。いちばん安全な対策としては、電磁場の発生源、つまりコンピューター、コピー機、ファックス、エアコン、蛍光灯、電子レンジなどからできるだけ離れて座ることです。たいていの場合、発生源との距離をほんの少し広げただけで、電磁場との接触は大幅に減ります。30センチよりは1メートル離れたほうが、効果は大きいのです。加えて、発生源と自分との問、もしくは自分のそばに植物を置けばさらに防御力は高まるうえに、植物が空気をきれいにしてくれます。さらに、天然素材や自然光をオフィスに取り入れれば鬼に金棒です。というのも、合成素材の多くは静電気の発生源となり、それが電磁場なみの強さになることもあるからです。

 

電気機器を購入する際には、その電磁場の強さをお店の人に聞いてみてください。昨今のように技術が日進月歩で進んでいるなら、近いうちに人体に害の少ない電気機器ができるかもしれません。ともあれ、購入する際には慎重になるに越したことはありません。新しい建物を設計する際には、人間が働く場所から離れた場所にケーブルを設置しましょう。新しい建物に移転する場合は、近隣にある電磁場の発生源を確認しましょう。送電線、変電所、上に電線の通っている線路などがそれに当たります。

 

 

視覚化の訓練

今日では、オフィスでの作業はその大半を視覚に頼っています。私たちはスクリーンを見て書類を読み、視覚的な効果を駆使して自分を主張します。こうしたことを自然に行える人もいれば、なかなかできない人もいます。視覚化が苦手な人は、以下の手順を実行してみてください。コンピューターを使ってつくるさまざまな物、たとえば手紙。メモ、報告書などを細部まで頭に思い描けるようになるまで、この訓練を続けてください。図表や写真などをどのように使いたいか、具体的に思い描いてみましょう。理想とする姿を思い描ければ、コンピューターを使ってそれを具体化するのも楽になります。

 

目を閉じ、目の前に赤い壁があると思ってください。難しければ、ポストや夕日など、赤いものを思い浮かべてみましょう。次に、色を緑に変えて同じことをやってみます。必要とあらば、芝生などを思い浮かべるところから始めてもかまいません。最後に、青でやってみましょう。空や海を思い浮かべると楽でしょう。

 

次は目を閉じたままいろいろな形を思い浮かべてみましょう。まずは丸から始めます。次に長方形、正方形、三角形。しばらくしたら、その図形に色をつけてみましょう。

 

ここまでできるようになつたら、さまざまな単語を視覚化してみましょう。初めてでもやりやすいのは「非常口」です。目を閉じて、扉と、その上にある「非常口」のサインを思い浮かべるのです。ほかにも、いろいろな単語を試してみましょう。

 

 

共同デスク

デスクやワークステーションを自分ひとりではなく、他人とー緒に使う場合があります。経費の節約にもなりますし、他人と一緒に仕事をすることで、さまざまな気に触れることもできます。チームで仕事をすれば仲間から刺激を受け、新しいアイデアに対して寛容にもなります。しかし、同時に危険もはらんでいます。度が過ぎると、人によっては落ち着きがなくなり、注意力が散漫になるからです。他人とー緒にひとつのデスクなどで作業をする際には、自分の役割に合った気を得られる位置に座りましょう。問題が生じたら、表を見て、どの方角を向けばよいのかを確かめましょう。


トップへ戻る