引っ越し先を風水で判断!!

引っ越しの風水

 

引っ越しは運気を高める最大のチャンス

引っ越しの風水2

 

「不運が続く」と嘆く人々の家相をよく観察すると、間取りが凶相のうえに、そこへ引っ越してきた時期と方位も悪かったというケースが少なくありません。
風水家相学では、自然界の気を十分取り入れられる住まいを吉相、逆に気が滞るような住まいを凶相と考えます。一方の時期と方位の吉凶は毎年変わりますし、その人の「本命星」によっても異なってきます。どんなに環境がよくても、便利でも、そのようなことを知らすに転居すると、病気や事故、倒産、失業など、さまざまなトラブルを招いてしまいます。

 

undefined

 

本サイトでは、新築や転居を計画されている方のために、よい時期と方位の見方、土地やマンションの選び方、設計するときの注意点などをわかりやすく解説し、金運、仕事運、健康運、恋愛・結婚運など、願い事別の転居方位や家相の見方についても紹介してあります。

 

ただし、分譲住宅やマンションの場合は、現代の住宅事情から、完ぺきな吉相の住まいを求めることはまず不可能です。そのため、トイレやキッチン、浴室、玄関などの気を乱しやすいところに問題がなければ吉相とみなします。また、方位と時期は、今は悪くてもやがては自分にとって吉となる年が巡ってきます。

 

新築・転居・引っ越しをするときは、不運を断ち切り、運気を高めるチャンスです。のサイトを参考にして、家相、方位、時期のどれもができるだけ吉になる住まい選んで、開運を図ってください。 

 

引っ越しで運勢が変わる

引っ越しの運勢

 

家を新築したりマンションに転居したあとで、 家族が次々に病気になった、思いがけない事故に 遭った、それまで順調だった仕事が突然うまくい かなくなった、などという不運に見舞われた実例 が数多くあります。  

 

新築・転居をする前によく家相を調べて、環境 も申し分のない場所を選んだにもかかわらず、悪いことが続くという人も少なくありません。なぜ、そのようなことが起きるのでしょうか。それは新築・転居の「方位」と「時期」にまで 気を配らなかったために起こったのです。風水家相術では、住まいそのものの吉凶だけで なく、新築や転居をするときの方位と時期を重視します。くわしくは後述しますが、生まれ星で見 る本命星ごとに、幸運を招 く方 位と時期、不運を呼ぶ方位と時期があります。新 築や転居をするときは、まず、方位と時期を調べ ることが大切です。

 

凶方位へ転居すると運勢が衰退する

方位の吉凶をみるときは、自分の本命星を含む 九星がどこに位置するかを示す九星盤を用います が、九星盤は立春(2月4日ごろ)を境にして毎 年変わります。たとえば、本命星が二黒上星のAさんが、令和2年1月完成予定の住宅を購入し、その家は現在の住居地から見て南の方位にあるとします。

 

2月になると大吉の方位になります。それを知らずに完成直後の1月に引っ越しをすると、家は吉相であっても、凶方位へ移動したためのマイナス作用が強く現れて運勢が衰退し、冒頭に挙げたような不運が相次ぐことになります。

 

吉方位へ転居・新築すると運が開ける

反対に、Aさんが方位や時期をきちんと調べて、南が吉方位になる2月まで引っ越しを待ったとします。すると、吉方位へ転居したことと住まいの吉相が相乗効果を生み、Aさんの運勢はさらに上昇します。このように考えると、新築や転居は、運勢を好転させるチャンスでもあります。

 

これから新築、転居を考えている人はもちろん、人生に行き詰まりを感じている人は、風水家相術を活用して、運勢の強い時期に最良の方位へ、よい家相の住まいを探すようにしてください。

 

新築や引つ越しは運を開く大きなチャンス

開運の方法でもっとも効果が現れやすいのが、住まいを移るということです。姓名判断などでの開運の方法もありますが、住居は個人だけでなく、家族全員の運に影響を及ぼします。その点、住まいは自分で選べるものですし、運命のようなものがあるとしても、それを少しでもよい方向に転換させることができます。

 

また、孟子の母が、子どもの教育のためによい環境を整えようと3度転居したという「孟母三遷」の故事があるように、環境が子どもに与える影響は計りしれません。ふだん意識することはないと思いますが、宇宙に満ちている気のパワーは、肺や皮膚を通して私たちの心身を左右します。家の新築や引っ越しをきっかけにうまく気のパワーを取り入れ、幸せで充実した生活を送ってください。

 

 

引っ越しで環境が変わりストレスを感じる

住む土地が移ることは、自分の土台の変化を意味します。新しい土地でストレスを感じるのは、自分を築く土台が揺らいでいる注意信号。土地(=「土」の気)にストレス(=悪い「水」の気)が入ると、土が泥となって崩れ、基盤がもろくなるからです。崩れた「土」を直すには、「火」の気を活用。いちばん効果のある「火」の気は目的意識と向上心です。新しい土地であなたは何をやりたいのか、目指すところをしっかり決めてください。そして、種から植物を育てましよう。植物の成長とともに、新しい土地であなたの運がたくましく育ちます。女性の場合、アイカラーやネイルで自分を美しく磨くのも「火」の気を与える行為となります。

 

パステルイエローでストレス解消

引っ越しで環境が変わるのは決して悪いことではありません。風水ではむしろ、初めてのことが多い状況こそ、チャンスの到来と捉えます。新しい環境で自分が何をしたいか、どう行動するかを明確にしましよう。紙に書いて、目でその事柄を捉えると効果的です。次に自分をアピールー新しく出会った人に自分を知ってもらうために、「言葉」できちんと伝えましよう。また、すでにストレスを感じている人は、ストレスのもと=悪い「水」の気を「陽」の気に変換する対処法を。

 

 

家の周りに神社仏閣は注意

神社の風水

 

風水では寺の跡地に住居をつくることを禁じています。「神社仏閣は気の力が強く存在し、霊を呼びやすい。また恐怖や不安がつきまとう」とされるからです。とくに荒れ果てた寺の跡地に住めば、その家は絶家してしまうとまでいわれ、古くから忌み嫌われているのです。

 

注意しなければならない特殊なケースをいくつか説明しましょう。とくにお寺との次のような位置関係に気をつけなくてはなりません。ただし菩提寺はこれにはあたりません。菩提寺が北もしくは西方に位置しておれば大吉となります。

 

寺が東南の方向にある場合。愛情面で生活に歪みが生じます。夫の浮気などの問題が考えられ
ます。

寺が西と北東にある場合、財産を減らすことになります。
寺が西北と東にあれば、事業などを起こした場合にうまく運びません。
寺が西北と西南にあれば、勉学に縁が乏しくなり、長男が家を出てしまいます。
寺が南にあるときは、火災が起こりやすいとされ、そのために財産も失います。女性の体調がすぐれないことも多いといいます。

引越ストレス予防の風水DIYキット・トルマリンゴセット(風水鑑定マニュアル付き)

 

 

門前の丘、山の位置に注意

門前、つまり家の正面にある丘や川も運勢に影響します。土地の隆起は浮気や性的問題を暗示する場合が多いので、特に夫婦間など家族間のトラブルを招きやすいようです。

 

住居が山あるいは丘の斜面にあるような場合は、そこに住む人の心を不安定にし、心が揺れたり浮わついたりすることを暗示します。冷静な判断ができなくなり、兄弟姉妹の仲も分断されます。自然の美しい景観を生活に取り入れることは好ましいことだと思われますが、実はそれにも注意が必要なのです。

 

●「小高い山、丘」

まず住居の窓から小高い山や丘などが三つ、順番に並んで見える場合。これはコミュニケーションがうまくいかない家相となります。住む大が偏屈になりやすく、近隣に友人ができにくくなります。また家族間でも親子の断絶が起こるなど、子供も思ったような人生を歩んでくれなくなったりします。

 

●「左側の山」

左の山は長男を意味します。住居の窓から見ると左側から山、あるいは丘の裾野が伸びている場合は、長男が極端に消極的な性格になったり実現不可能な理想を抱くなど、一般的な社会生活に馴染みにくくなる場合があります。  

 

●「右側の山」

 

逆の右の山は幼い子供を指します。住居の窓から見て右側から山の裾野が伸びている場合は、その幼い子供が情緒不安定になることを暗示します。さらに、人生で数多くの因縁的問題に遭遇 する恐れもあるでしょう。  

 

●「山の尾根」

住居の窓から見ると山の尾根がこちらに向かってくるような場合は、青少年が家に対して不幸 な事件を起こすなど、人間関係がもつれて解決までには長い時間を要するようになります。新居を購入するような場合も、各部屋の窓からの眺めをぜひチェックしてみてください。窓か ら見える丘や山には以上のような意味がありますので、見逃してはなりません。

 

 

敷地内に池がある場合

池の風水

 

池にも良し悪しがあります。悪いものの代表が平池というもので、庭園などでよく見かける人工的に作った底の平らな池のことです。公のものは別にして、個人の住宅においては、平池には注意が必要です。

 

なぜ平池ではいけないのかといえば、龍がないということです。龍は高所から低所へと流れるために、平らなところでは龍が留まることも、ましてや降りてくることもないのです。池といえども、それ自体にも龍を招き入れるための工夫が必要なのです。公のそれは、広域であることがほとんどです。そのために欠点を補ってくれるものが存在しますが、私的な場合は狭いために欠点を補うものがないのです。さらに重要なことは、池は家の庭にはつくらないほうがよいということです。もし、つくる場合には細かい注意が必要なので、くれぐれも次の事柄に用心することです。

 

◆「座向の池」

まず、家の前側(座向)にある池は、朝日や夕日の照り返しが直接家に当たるので「血盆照鏡」と呼ばれて嫌われています。というのも、主人が早死にしたり、子供ができない絶家の凶相とされているからです。

 

◆「ふたつの池」

家の前にふたつの池が向かい合ってあるような場合は、そこに住む人が目を患い、また妊婦の健康を損なわせます。

 

◆「瓢箪池」

「ひょうたん」と読みます。家の前に広がる瓢箪池も家族に不幸を運ぶ不吉な存在で、健康上の問題を引き起こします。底が見えないほどに汚れた池も、家族の健康を害するとされ、特に肺への影響が大きいでしょう。

 

◆「半月型の池」

半月型の池の、弧が建物側にある場合もいけません。家庭不和と財産消滅の原因になります。これに対して、地面よりも高い位置につくられた池、そして噴水は吉運を運ぶものとして尊ばれます。

 

◆「丸い池」

丸い池や噴水が地面よりも若干高くある場合は、大成の相とみます。財運が上がり、金融業や信託業などに向くといわれているからです。会社の中庭などにある噴水は、従業員の仕事の能率をあげ、生産性をアップします。池をつくる場合にも、その形と場所に十分な配慮を忘れてはいけません。

 

 

土地のいわれに注意

土地の風水

 

土地の『因縁』が時を超えて思わぬ災難をもたらす場合もあるのです。刑場はもちろん、牢獄、お墓、古戦場、そしてお寺の跡地も避けたい土地です。

 

なかなか買い手のつかない土地や建物、そしてコロコロ家主が変わるような家、マンションなども注意が必要です。たとえば、あなたの身近にもすぐ店舗が入れ替わってしまうビルや土地がありませんか? 他の商店は長く続くのに、なぜかその場所だけは短期間で持ち主や店舗が変わってしまうというようなケースには、概して何らかの因縁があるものです。

 

その土地全体が昔はどんなようすだったのかは、図書館や郷土資料館、役所などで調べることができるはずです。また、賃貸物件の場合は、以前に借りていた人はどんな人で、なぜ引越したのか、いつ引越したのかなど、できるだけ多くの情報を集めるといった事前の検討が必要です。


無料で風水の間取りをとる方法!!

間取り請求 風水・家相バナー

 

 

これから家を建てる方は朗報です!!

 

「家相」「風水」を考慮した「開運の間取りプラン」が、

 

【無料】でもらえるのです!!

 

 

↓↓↓こちらからどうぞ↓↓↓

 

 

このサイトを利用するメリットは3つ!!
風水・家相の専門家が考えた「間取りプラン」がもらえる!!
具体的な金額がわかる「見積もり」がもらえる!!
利用は「完全無料」!!

 

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る