トイレは凶相

 

 

トイレには、実は吉相の方位がないのです。北方位と中心は凶相となります。また家族の十二方支位も凶相で、病魔に侵されやすいので注意しましょう。トイレは人間が生活していくうえで、欠かすことのできない必需設備です。実は、トイレはどの方位に設けても凶相となり、吉相ということがないのです。家相学的にはまことにやっかいな「お荷物」なのだです。しかし、昨今の住宅事情からして、とにかく難を逃れる場所のどこにでも、トイレをもってこられるほどのゆとりはありません。本来、トイレは家の外周に面して、窓がとれていなければならないのですが、マンションなどの場合、トイレが家の内部にあり、ひどいときには中心部分に配置されているケースも多いのです。こうなると、四方が壁に囲まれているため、どうしても災いが大きくなってしまうのです。戸建て住宅のトイレより、マンションのトイレのほうが厄介なのです。

 

家相上、汚物の出る不浄物を家の中心にもってくるというのは、中心のない家と同様に、大凶相の家相となるのです。やってはいけないことです。もちろん、北方位のトイレもいけないが、家の中心のトイレはそれと同じくらい凶相なのです。トイレは汚物が出て、なおかつ湿気が多い。最近では、トイレと洗面所、浴室がいっしよになったユニットバスが多くなっていますが、こうなると二重、三重の災いを受けることになることにお気づきだろうか。家の中心が腐敗されると、その影響は家のすみずみまで行き渡り、家族全員に災いがふりかかってくるのは当然です。

 


 

 

トイレの風水・家相

家相の古書に「北向きの雪隠は不時の災難つづく」と記されています。北向きのトイレは日が当たらず、寒いために健康的にも悪影響をおよぼし、災いが続くといっているのです。昔の人が、北向きを含め北東や南西、家の中央の凶方位にトイレの設置を嫌った理由をよく調べると、 現代にも通用する言葉だと気づかされます。

 

北向きや北東は、冬は寒い場所です。そのような空間で下半身を出し力んで排泄すると血圧が上昇し、心筋梗 塞や脳梗塞などになりかねません。家族に病人が出るだけでも凶なのに、さまざまに波及して、大凶を招いて しまいます。寒いトイレはいまも凶相といえるゆえんです。トイレ とほかの居室との温度差をなくし、普段から暖かくする必要があります。一方、裏鬼門の南西のトイレは、西 日が差し暑く臭気がこもる方位です。換気と遮光を十分に行ってください。

 

窓のない中央のトイレは、風が入らないため空気がこもります。換気や脱臭、照明などを工夫するように。本来、排泄は食べると同じように人間にとって必要な行為ですから、トイレは大切な場所なのです。トイレは汚い場所と思うのではなく、掃 除をまめにし、清潔を心がければ。その家には多くの吉が訪れるはずです。掃除こそがいちばんの家相対策 になるでしょう。

 

 

二階の水まわりは凶 トイレの設置は要注意

最近の住まいでは、二階にトイレをつくるのが当たり前のよ うになってきましたが、家相の古書には、「二階に水まわりをつくるは凶なり」と記されてい ます。水もれを心配した言葉ですが、いまでも意外と水もれは 多く、二階に水まわりを設置する際には十分注意する必要があ ります。なかでも、二階にトイレをつ くる場合は、階下に何が配置されるかを考慮することが大切です。一、二階のトイレが上下同じ位置にあれば、給水管や汚水管の施工やメンテナンスを行う際にも都合がいいという意味合いから、「(災)難が無い」かもしれません。キッチンの真上や玄関の上にトイレをつくるのは避けたほうが無難です。すでに建っている住まいなら、トイレをこまめに掃除し、トイレの便器周辺や床、キッチンや玄関の天井などのチェックを忘れずに。

 

 

階段下のトイレはできれば避けたい

階段下のトイレは、不浄な場所を踏みっけて歩くことから災いが訪れるとされています。天井も低くなり、圧迫されるためか、男性は便器から離れて使用するので床が汚れやすくなります。窓の位置も通常より下になり、下半身がのぞかれる心配も。天井が低い分、照明も便器の真上に取り付けられず、排泄物のチェックができない暗いトイレは、凶と考え、避けたほうがいいでしょう。

 

 

トイレの内開きドアは凶、 安全な外開きにして吉に

トイレのドアは、廊下を歩く 人のために内開きにするケースもあります。安全面から見ると 凶といえるでしょう。トイレで突然気持ちが悪くなり倒れた場合、内開きだと倒れた体がドア にはさまれ、救出しようとしても開けることができません。外 開きドアがおすすめです。

 

 

浄化槽の位置に注意

浄化槽は家の外にある設備で すが、浴室やトイレなどと同様に、家相では不浄の場所と考え、北東や南西に設置をすると、事 故などが起き、凶を招いてしまうとされています。以前、浄化槽の汚水が井戸に混入し、その井戸水を飲んだ人がO−157(腸管出血性大腸菌)による下痢症に感染し命を落とした事件がありました。これは井戸の近くに浄化槽があったことが原因でした。浄化槽を設置するときは、鬼門方位を避けるのではなく、井戸があれば井戸から離すことがなによりも大切です。その際には、隣家の井戸の位置にも気を配ることを忘れないでください。また、浄化槽はにおうので、湿度の高い時期はにおいが気になって、不快な気分になります。井戸や玄関、駐車場のそばの浄化槽は、凶相と考えるべきでしょう。毎日の暮らしのことだけに、安全な場所を選ぶことが吉になるのです。

 

 

トイレを明るくして、 吉に変える

上記したように、体の異常は、尿や 便の色の変化に表れるので、血便や血 尿などを見逃さないためにもトイレは 大切な場所です。しかし、トイレはど うしても暗い場所に多く、日中でも照 明をつけないまま暗い中で使用するこ とが多いようです。これでは血便や血尿などには気づかず、大腸ガンなどの早期発見もできません。そこで、センサー付きのトイレ用照明を設置し、トイレの使用時には必ず照明が点灯するようにして、便器の中の状態をよく確認できるようにしましょう。トイレの内装や便器も白もしくは暖色系の色調を選ぶようにしてください。家の中央のトイレを大凶として嫌った先人たちは、暗い方位では健康チェックがしにくいことを知っていたのです。

 

 

トイレが凶相となる事例!!

凶相の対処法

 

東淀橋から当家相事務所を訪ねてきた涼子さんは、ご主人と二人暮らしでした。ご主人は病院に勤める勤務医で、涼子さんはスチュワーデスという職業につき、仕事も家庭も充実していた相です。二人で相談して、子供はできるだけ遅くに産み、それまでは夫婦二人だけの生活をエンジョイしようと決めていたのです。ところが、新築の分譲高級マンションを購入してしばらくすると、ご主人が病気で倒れてしまったのです。進行性の大腸 ガンにかかってしまったのです。俗に「医者の不養生」などというが、ご主人は違っていました。半年に一回は人間ドックに入って、自分の体調を管理していたのです。しかし、病魔は、ほんの少しのすき問に忍び込んできたのでした。ご主人の病状を知って、涼子さんは動揺してしまったのです。どうしていいかわからず、得体のしれない新興宗教にまで、多額の金銭を払い込んでしまいました。多分創価学会です。それで両親のアドバイスで、私のところに訪ねてきたのでした。

 

やはり、このマンションには中心にトイレがありました。それだけでなく、浴室や台所もすべて中心に集中している間取りだったのです。これはマンションに多い「センターコア」方式といって、建物全体の中心に汚水管などの配管を集中する工法があるのです。この方法だと、建築コストが抑えられるので、マンションに多く使われています。しかし、家相上は最悪なのです。避けなければいけない家相なのです。建物の全体の中心部が汚水管のマイナスエネルギーにおかされ、さらに、それぞれの部屋のトイレや台所、浴室などの不浄物から腐敗した負のエネルギーが出るのです。いくら建築コストが安いからといっても、こんな工法は使ってほしくないもです。しかしこの工法を採用しなければ、コストは跳ね上がります。1割から2割程度は価格が上がってしまうのです。致し方ないのかもしれません。しばらくして、結局、涼子のご主人は亡くなってしまいました。一人残された涼子さんのことを思うと胸が痛くなるのです。中心になくても、トイレの凶禍は恐ろしいのです。たとえば、家族の十二支方位に配置されていたとします。この場合、凶禍はまず、トイレのある十二支方位に生まれ星をもつ家族に現れ、その後、ほかの家族の健康にも影響を及ぼすのです。生まれながらに病弱であったり、持病を抱えている人は、たちまち悪影響を受けるはめになるので、注意が必要です。

 

それでは、トイレを配置して、比較的無難な方位はどこなのでしょうか。まずは、北西方位が良いといえるでしょう。中心の「乾方位」と四隅線上は避けて、戊方位と亥方位に配置すればいいのです。また、東南方位も無難といえるでしょう。これも、中心の「巽方位」を避けて、辰方位と巳方位に配置すればいいのです。ただし、北西と東南方位でも、家族に戌年や亥年、辰年や巳年がいたら、話は別となります。そうなると十二支方位にセットしてはいけないのです。勘違いしないでほしいのですが、戌年と亥年は同じ北西にあっても、方位が少し異なるのです。家族に戌年がいた場合、戌方位にはトイレを配置できないのですが、亥方位には配置していいのです。辰年と巳年でも同じなので理解しておきましょう。そしていちばん無難なのは、東方位です。この方位にある「甲方位」と「乙方位」をうまく活用していただきたいものです。この二つの方位は十二の方位なので、十二支方位とは違います。勘違いしないでください。生まれ星にあたる家族がいないので、どの家族にも無難といえるのです。

 

また、当然、東の中心に定位する「卯方位」には、トイレを置いてはいけません。家族に卯年がいればなおさらですが、何とか間取りを工夫して、「甲方位」と「乙方位」に配置するようにしてください。トイレはどこに置いても凶相と言いましたが、トイレの種類によって、凶禍が違ってくることも理解してください。本下水の水洗トイレであれば、凶禍は半減される。浄化槽式の水洗トイレがその次で、昔からの貯便式は、当然いちばん危険と考えましょう。トイレはいつも清潔にすることがとても大切です。花子さんも同じ言っています。花や小さな鉢物をぜひ置いてほしいものです。ミッキーマウスのカレンダーも良いかもしれません。

トップへ戻る