地鎮祭・棟上式は無駄ではない!!【罰当たり】風水的には重要!!

 

 

地鎮祭・棟上式は重要

家を建てるときの行事として有名なのが、地鎮祭、上棟式、竣工式です。地鎮祭では今でも、神官を呼んでお祓いをしてもらったりします。また上棟式では、大工さんにご祝儀をあげたり、お酒や料理を振舞ったりします。私も職業柄、これらの多くを経験してきました。こうした習慣は、人とのかかわりを大切にしているのです。農村部では、屋根葺きなど、村人総出で助け合う習慣もありました。

 

日本人は、時それぞれの縁起を担いできました。なにかあるたびに、「縁起がいい、縁起が悪い」と見えない力に敬意を払ってきたのです。山においては「山の神」、海においては「海の神」を大切にしていました。つまり、神様や仏様に感謝し、自然の恵みに感謝し、五穀豊穣を願い、自然を恐れ、謙虚に生きてきたのです。

 

春の節分、ひな祭り、花見、お彼岸。夏の端午の節句、お中元、七夕、夏祭り。秋の月見、お彼岸、紅葉狩り、秋祭り。冬の七五三、お歳暮、お正月、すすはらい、冬至。お宮参り、お食い初め、成人式、長寿の祝い、法要、家の建前、厄年、豆まき、腹帯などなどです。それは長い経験から、生活の中に潜む「恐怖」を知っていたからです。そして、親から子へ、子から孫へと、厳しく伝承されていきました。文化や国家は、伝承することでつながります。子孫もそうです。それは誰にとっても、時は無限ではなく、限りがあるからです。しかし、近年では、そういう習慣もなくなりつつあります。それでいいのでしょうか。人は、家で生まれ、家で育ち、家で仕事をし、家で子孫を増やし、そして家で死んでいきました。家はまさに、生活の中心だったのです。そんな家にとって、時が大切なのは、言うまでもありません。何事も悪い時を避け、いい時を狙って、縁起を担ぎたいものです。風水でも、やり直しの利かない、「時」を大切にしなくてはいけないことを、教えてくれます。

 

 

「地鎮祭」は土地の神様への感謝

土地を購入し具体的な家づくりがスタートしたら、まず行うのは「地鎮祭」です。「地鎮祭」とは読んで字のごとく「土地を鎮める」ためにものです。土地を治める神様に家を建てることへの許しを得て、工事の安全を祈念します。

 

みなさんの中には「地鎮祭」を単なる儀式として考えている人もいるでしょうが、それは大きな間違いなのです。大地には目には見えない「地の気」が宿っています。その「地の気」を味方につけることは「幸運な家」をつくるための大切な第一歩になるのです。上地の神様への心からの感謝の気持ちがなければ、形式だけの「地鎮祭」をしても意味がないということを忘れないでください。一般的に「地鎖祭」は、寺社でも神社でも行ってもらえますが、基本的にはその土地の氏神様にお願いするのがいちばんです。施工業者が手配してくれる場合もありますが、任せきりにせず、自分でお願いに行くようにしたほうがいいでしょう。 

 

また、家づくりをしていく上で「地鎮祭」と並ぶ人切な儀式は「上棟式」です。これは家の骨組みが出来てその上に棟木を上げることを祝って行っものです。「地鎮祭」とは異なり、必ずしも神主さんを呼ぶ必要はありません。「上棟式」のやり方については地方によっても差がありますので、その上地での方法に遵うのが一番いいでしょう。

 

 

「地鎮祭」や「上棟式」は吉日に行うのが基本

「地鎮祭」や「上棟式」を行うときには、日にち選びを重要になります。一般には、家主にとって「吉日」にあたる日を選んで行うのがいいでしょう。「吉日」の選び方には、次の3種類があります。

@本命星による吉日

 

A干支による吉日

 

B暦(十二直・二十八宿・六輝)による吉日

しかし実際には、この3つの要素がすべてそう吉日は、ほとんどないのが実状です。基本的には、本命星と干支が吉日の日であれば、差し支えはないと言えるでしょう。ただし、「三りん亡」(普請始め、柱立て、棟上げなどの大凶口)や「不成就口」(物事が成就しない凶口)は避けるようにしましょう。

 

 

 

 

トップへ戻る