塀は1.5mまで! 子供が不健康になる!

塀の家相

 

高いは子供の健康を害することになります。高さ1.5メートルまでの 生け垣が理想的です。それ以外ならアルミのフェンスがよいでしょう。最近ではプライバシーを守るために、建物を高い塀で囲ってしまう人がいますが、これは、外部からの視線を気にしすぎて、自分の家の環境を悪くしているナンセンスな行為といえるでしょう。住宅のことを全く分かっていないのです。このような家に住んでいる子供は、やたらと神経質で不健康になりやすいのです。友達と元気に遊びまわることなどなく、せいぜい家に閉じこもってテレビゲームやアニメ、スマホに熱中することになってしまうのです。確かに、道路や他人の敷地と区分するためにも塀は必要ですが、吉相とするためには、家相上、覚えていてほしいポイントがあるので紹介しましょう。

 

塀の家相学

 

まず第一は、できれば「生け垣」にすることが一番の吉相だということです。生け垣は空気の流通を阻害することがないのです。また、腐敗した空気を浄化してくれるので、いうことなしに吉相となるのです。生け垣が一番です。生け垣以外では、空気の流通を考えてアルミのフエンスを使うと無難でしょう。高さは地面から1.5メートルまでに抑えることが理想的です。コンクリートブロックを使うときでも、高さはやはり1.5メートルまでが上限となります。それ以上の高さであれば凶相となるので注意しましょう。地面に近い部分には、穴のあいた透かしブロックを組み込み、湿気のたまりやすい地表部分の風通しをよくしてあげることも良いでしょう。最近では、敷地の中にカーポートなどを設置することが多いですが、カーポート部分はコンクリートで舗装してしまうので、その分、土壌のネイチャーエネルギーが減少するのです。庭木などが少なければなおさらです。また、カーポートを設置するにしても、砕石などで地面に呼吸をさせてほしいのです。少しでも敷地内のネイチャーエネルギーを向上させるためです。生け垣からは胼木のパワーも受けられるので、この点でも有効なのです。

 


トップへ戻る