「方位」と「九星」 きちんと理解していますか?

方位と九星

 

 

九星と並んで重要なのが方位と言えるでしょう。九星と方位は後天定位盤であらわされ、これが家相や方位を見るときの基本となります。自然のエネルギーが人や住宅、運命に与える影響を見るとき、自然の法則が示されている方位の考え方が大切になります。気学はもともと九星術と方位術から誕生したもので、九星によって幸福を呼ぶエネルギーを操り、方位によって幸福になる場所を知ることができるのです。方位とは方角のことで、東、西、南、北に東南、南西、西北、北東を加えたものを八方位といいますまた、方位は十二支によってもあらわされます。子を北に、時計回りに丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の順に並びます。辰巳といえば東南を指し、戌亥といえば西北を指すことになります。

 



 

九星にもそれぞれ決まった方位があります。一白水星は北、二黒土星は南西、三碧木星は東、四緑木星は東南、六白金星は西北、七赤金星は西、八白土星は北東、九紫火星は南、そして五黄土星はこれらの中央の方位に位置します。これは「後天定位」と呼ばれています。この九星と十二支、方位を1つの図にしたものが後天定位盤です。九星は年、月、日、時という一定の法則にしたがって運行します。後天定位盤ではその動きを見ることができ、気学で運勢や家相、吉方位を判断するときの基準となります。

 

人は誕生した時間によって、次の九星に該当します。深夜の十一時から一時までの二時間は「一白水星」、深夜の一時から五時までの四時間は「八白土星」、もっとも多いようですね。朝の五時から七時までの二時間は「三碧木星」、朝の七時から十一時までの四時間は「四緑木星」、お昼の十一時から一時までの二時間は「九紫火星」、お昼の一時から五時までの四時問は「二黒土星」、夕方の五時から七時までの一一時間は「七赤金星」、夕方の七時から十一時までの四時間は「六白金星」、五黄土星の時間の該当はない、といいます。

 

 

運気の流れと性格、相性がわかる

九星は、人がそれぞれ持って生まれた「気」を数、色、五行に当てはめたもので、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の九種類あります。

 

また九星は、生まれた年、月、日、時間によって、それぞれ星は異なりますが、一般的な運勢や性格、相性などは、生まれた年(本命星)と月(月命星)の九星で判断していく仕組みになっています。九星で方位の吉凶を判断するには、方位盤を使います。この方位盤は年、月、日によって変わっていくもので、どの位置にどの星が巡ってきているかで吉凶を判断していきます。

 

 

方位の吉凶の判断方法

九星による方位の吉凶は、五行の相生・相剋の関係から判断していきまし具体的には方位盤を見て、自分の九星にとって相生関係にある九星が位置している方位が吉方位、逆に相剋関係にある九星が位置している方位は凶方位ということになります。ただし、相生関係にある九星が位置している方位でも、右のような場合は、凶方位になってしまうので注意してください。

●五黄殺

九星盤で五黄土星が回っている方位。

 

●暗剣殺

九星盤で五黄土星が回っている反対側の方位。

 

●本命殺

九星磐で自分の生まれ星が回っている方位。

 

●的殺

九星盤で自分の生まれ星が回っている反対側の方位。

 

●歳破

年の九早盤で、その年の十二支の反対側に仭普する方位。

 

●月破

月の九星盤で、その年の十二支の反対側に位置する方位。

 

●日破

日の九星盤で。その年の十二支の反対側に位置する方位。

 

九星によるタブー方位

一白水星
二黒土星 西南
三碧木星
四緑木星 東南
五黄土星 中央
六白金星 西北
七赤金星 西
八白土星 東北
九紫火星

 

九星によるタブー素材

一白水星 石・レンガ
二黒土星・五黄土星・八白土星
三碧木星・四緑木星 金属
六白金星・七赤金星 プラスチック
九紫火星 ガラス

トップへ戻る