絵画・カーテンは風水家相の基本アイテム!!

※絵画・カーテンは即効性の風水高いアイテムです!!

 

 

部屋のエネルギーを変える働きをもつアイテムはいろいろありますが、カーテンと絵画は即効性の高いアイテムです。

 

 

カーテン

カーテンは、色や柄が重要な要素となります。東や南・東南の部屋には、大きな窓を設けることが多いため、カーテンの面積も比例して大きくなります。色や柄を間違えると、凶相となってしまいます。暖色系を基調にした、花柄模様などのカーテンが、この方位の部屋には合います。金や銀のアクセントが入ったカーテンも良いでしょう。

 

日照や採光を調節するのも、カーテンの役割です。とくに南・南西の部屋は昼の目差しが強く入り過ぎて、家具や建材の劣化を招いたり、冷房費がかさむということがあります。そのような場合は、二重カーテンやブラインドにしましょう。

 

また、カーテンの面積が大きいところは、模様替えの効果が、よく発揮できるといえます。ホコリや手垢のついたカーテンを、いつまでも下げることがないようにしたいものです。凶相の原因となります。部屋によっては、窓が小さいために陽の気が不足気味と感じるときがあるかもしれません。このような場合でもカーテンは役に立ちます。カーテンの幅や丈を大きくとると、エネルギーをそれだけ多く補うことができます。

 

 

絵画

部屋の絵画は、カーテンと同様、方位に合ったものを飾るとよいでしょう。たとえば北・北西の部屋には、落ち着きのある風景画や肖像画が適しています。逆に朿・東南方位の部屋には、若々しく躍動感のあふれるアブストラクト的な絵画を飾るのが効果的です。また、この方位に窓がなければ、陽の気を絵画によって補うこともできます。

 


 

絵画・カーテンを吉相にするポイント!!

・本物の花を飾るのが苦手な人は、花の絵を部屋に掛けると、よいエネルギーのパワーが得られる。絵画は方位を気をつける。

 

トップへ戻る