抵抗力が低下すると急に歯周病は悪化する!!

 

歯周病は歯を支える歯周組織が細菌に侵され、壊されていく病気で、日本人の国民病といわれるほど罹患率が高く、中高年の約8割の人がかかっているといわれています。歯周病は子どもにも見られますが、ゆっくりじわじわと進行するため、症状が出るのは中年になってからです。

 

原因となる細菌は多種類あります。いずれも私たちの口の中によく見られる菌ですが、汚れがひどくなったり抵抗力が低下したリすると急速に増えていきます。高齢になると全身の健康状態にも問題が多くなるため、それだけ歯周病を悪化させるリスクも高くなるのです。また、歯周病が恐ろしいのは、気づいたときには進行していて、歯がぐらぐらして抜けてしまった、ということが珍しくないことです。

 

 

口臭、出血に気を付けよう!!【歯周病】

歯周病は歯と歯肉の間にある溝に歯垢や歯石がたまり、歯垢のなかの細菌が歯周ポケットを作っていきます。健康な人では1〜2mm程度ですが、歯周病が進むと6〜7mmと深くなっていきます。そして、歯肉の下にある歯槽骨が吸収されて、歯を支えられない状態になっていきます。

 

初期のうちはほとんど症状はなく、気づくことはまれです。やがて、口臭や歯肉の炎症、出血などが見られ、次第に歯肉が退縮して、歯が伸びたように見えます。重症の場合は歯がぐらぐらし、最終的に歯が抜けてしまうことがあります。しかし、早く異変に気づき、歯肉炎の段階で正しい歯みがきで歯垢がつくのを防げばプラークコントロール、進行をくい止めることができます。

 

 

歯周病の進み方!!

中等度歯周炎

歯周ポケットが6〜9mmと深くなっていき、歯槽骨がさらに溶けていきます。

 

重度歯周炎

歯周ポケットは10o以上とかなり深くなります。歯槽骨や歯根膜が吸収され歯を支えられなくなってきます。

 

歯肉炎

歯と歯肉の間にある溝にたまった歯垢に細菌が住みついて歯肉に炎症を起こします。歯肉が赤くはれたり、出血します。

 

軽度歯周炎

歯と歯肉の境目に歯周ポケットができて歯垢がたまります。歯垢は石灰化して歯石になり、歯肉を刺激して炎症を悪化させます。歯を支える歯槽骨が少し溶け始め、歯がぐらつく段階です。

 

 

歯周病になりやすい人

  • 食後歯みがきをしない人。
  • 抵抗力が低下している人。
  • 糖尿病の人。
  • タバコを吸う人。
  • 更年期でホルモンバランスが乱れている女性。
  • 妊娠でホルモンバランスが乱れている女性。
  • 骨粗鬆症の人。

 

トップへ戻る