玄関の風水 【2019〜2020は南西と北西】 浮気?

玄関の風水

 

 

どんなに素晴らしい家を建てても、家の顔である玄関のイメージが良くないと、家そのものの雰囲気は台無しで す。家相では、玄関は住む人の社会に対する【顔】を意味する大切な場所です。

 

 

玄関の風水・家相のポイント

風水のポイント

玄関が暗くて空気がよどんでいると、住む人の気分も暗くなりがちとなるものです。当然、お客さまの印象も悪くなるでしょう。凶相の玄関は、カビが発生し、悪臭が漂うような汚れた玄関となります。ですから、玄関は、 いつも清潔に風通しをよくして、吉運を向上させるように努めましょう。玄関の位置は、東、東南、南、北西が運を呼び込める吉相とされ、なかでも東南の玄関は、家運が繁栄し、 家主が出世するといわれています。さらには朝になると、東南に太陽の光がさんさんと降り注ぐことに由来します。太陽は生命力の象徴とされ、生き物に活力を与えるからです。太陽の光を浴びて、元気な気持ちで一日をスタートできれば、運も向上していきます。

 

 

一方、北東や南西の方位が災いを招き入れる凶相とされるのは、北東は太陽の光に恵まれない暗い場所、南西は西日が当たり、とりわけ夏は暑さが厳しい場所だからです。しかし、現代では、方位の特質を理解し住みよくするための対策をほどこせ ば大きな問題はありません。方位を気にするよりも、その家にあつた清潔な玄 関をつくりましょう。

 

 

玄関近くに洗面室をつくって健康運アップ

玄関近くに洗面室があれば、外からの帰宅後に、すぐ手洗いやうがいができ、風邪やインフルエンザなどを予防することができます。帰宅したらすぐに洗面室への生活習慣を身につけましょう。とくに小さな子どものいる家庭にはおすすめです。一方、玄関正面にトイレをつくるのはできるだけ避けましょう。トイレから出るとき、居合わせたお客さまと目が合い、便器がみえたり水を流す音が聞こえると家の印象がとても悪くなるのです。

月と風水 〜時間と空間を操る時空風水〜

新品価格
¥1,296から
(2019/7/15 10:54時点)

 

玄関上のトイレは凶相

玄関の位置をしっかりと決めたら、その上にトイレをつくらないように注意してください。せっかく吉の玄関にしても、上にトイレがあれば台無しです。お客さまとの話し中に、上でトイレの流す音が聞こえるのは、あまり品がいいとはいえません。商売をしている家や来客が多い家は、避けるべきでしょう。来客中は、家族もトイレが使いにくくなります。だからといって、お客さまが帰るまでトイレを我慢したりすると、膀胱炎などの泌尿系の病気にもなりかねません。まさに凶を招いてしまいます。玄関の上のトイレは、来客の多い家は注意が必要なのです。

 

 

玄関から直行階段が見えるのは凶相?

玄関に入ってすぐに直行階段があれば、運気が玄関から上かつていき、家運が悪くなるといわれています。家運が悪くなるというのは迷信ですが、避けたほうがいいのは確かです。直行階段は、玄関先の来客にお尻を向けて上がるので、失礼になります。階段から転落した場合には、玄関諢や靴入れなどにぶつ かり、大けがになりかねません。 直行階段は、玄関からみえない場所にゆるやかな角度で設置することをすすめます。

 

 

靴箱が右側にあるときは左側に大きな物を配置して

風水では自分から見て左の青龍から右の白虎に水が流れる場所が理想です。また、左の山(高い地)が財を招くともいわれています。玄関は気の入口であり、住居の中でもっとも重要な場所なので、この理想的な地形をぜひ再現したいところです。ところが、作りつけの靴箱が右側にあり、動かせないという場合もあるでしょう。そんなときは、左側に大きめの傘立てを置いたり、スペースがあるなら収納ボックスなどを置き、ボリュームを持たせるようにします。また、左側の壁に山の写真や絵、大きな鏡などを飾って、左側の空間に広がりを持たせるのも良い方法です。いずれにしても、玄関の右側よりも左側を目立たせることが重要です。

 

 

玄関に鏡を飾るときの注意点

鏡は家の中から見て左側に飾ることが重要です。出かけるとき、身だしなみをチェックするために、錢を玄関に置いている人も多いでしょう。しかし、鏡が玄関の正面にあると、家の中に入ってこようとしている気が、そのままはね返されてしまったり、散りぢりになってしまうため、非常に良くありません。仮に、玄関正面に置いてある場合は、今すぐ場所を移すようにしてください。

 

また、刀や槍のような装飾品なども、玄関の真向かいには置かないようにしましょう。入ってきた気を切り刻んでしまう意味があります。鏡を置くのであれば、家の中から見て左側がベストです。これは、前述したとおり、風水では左(青龍)の空間を広げることが大切だからです。

 

 

防犯対策を考えた 吉相の玄関

昔から、門と玄関がまっすぐになっているのは凶相、つまり道路から玄関がみえるのは凶といわれています。玄関扉を開けると、家の中が丸みえで外からのぞかれたり、泥棒が入りやすい、といった理由から凶に結びついたようです。しかし、現在では玄関は道路からみえるほうが防犯上よいと思います。反対に、道路からみえない玄関のほうが危険でしょう。東南の玄関が大吉だからといっても、道路からみえない場所につくれば、それこそ泥棒が入りやすくなります。また、玄関の場所がわからないと、来客も途絶え、かえって社会運が下降することになりかねません。玄関は道路からみえる位置が最適、つまり吉相なのです。

 

〇 門と玄関がー直線上にない

門と玄関が一直線で結ばれていると、よい気も悪い気も、一気に入ってきてしまいます。位置を少しすらして、入り囗が重ならないような玄関が良いのです。

 

〇 玄関から階段が見えない

階段が玄関から見える位置にあると、入ってきた気が家の中に回る前に階段から抜けてしまいます。玄関から階段の上がり囗が見えないところにあると良いでしょう。

 

× 玄関の上がトイレになっている

トイレが玄関を押さえつけ、悪い気が流れ込むだけでなく、運の取り入れ囗である玄関が、トイレからの悪い気でけがれてしまい最大凶となります。

 

× 玄関まわりに水場が集中している

悪い気を含む水まわりが玄関の近くにまとめてあると。気が「陰」に傾いてしまいます。陰陽のバランスが崩れるだけでなく、「陽」の玄関にも悪影響があります。

 

× 玄関の正面に鏡がある

玄関の真正面に鏡があると幸運を跳ね返してしまいます。玄関を開けて真正面に鏡があると、悪い気はもちろんですが、せっかく入ってきた良い気まで跳ね返してしまいます。鏡を置きたいなら、正面以外にして。玄関を入って右なら人気運、左なら金運がアップします。備えつけの鏡で動かせない場合は、鏡にカバーなどをかけて対処しましよう。鏡を正面から外すかカバーをかけるようにしましょう。鏡には、気を反射する効果があります。玄関の正面にある鏡は、せっかく取り込んだよい気を反射して逃してしまうため、凶相となります。

 

× 玄関から窓が見える

玄関を入った正面に窓が見えると良い気が通り抜けてしまいます。玄関は家全体に良い気を取り入れる入口です。玄関の正面に窓が見える間取りだと、せっかく入った良い気が部屋に行きわたる前に、一直線に外へ抜け出てしまいます。この場合、玄関にのれんをかけたり、ついたてを置いたりして、目隠しをして。それがムリなら観葉植物を置きましよう。のれんをかけるかついたてを置いて窓を隠すようにしましょう。玄関から、窓やサッシが見えたり、廊下のつき当たりの正面に窓があるのは、気がその窓から抜けていってしまうため、風水では凶相です。

 

× ゲタ箱の中が汚い

靴の底には外の悪い気がたくさんついています。玄関に出しつぱなしにせず、せつかくゲタ箱にしまつでも、その中が整理されていなければ陰の気が充満してしまいます。ゲタ箱内はぎゅうぎゅうに詰め込まず、時々風を通して湿気ルなどの季節ものは、念入りに汚れを落として収納しましよう。また、ゲタ箱にレジャー用品やバッグなど、靴以外の物を入れるのもNGです。ゲタ箱の悪い気を吸い、マイナスパワーが強くなります。ゲタ箱には靴だけを入れて整理整頓するようにしましょう。

 

× 趣味に走った置物や装飾品がある

玄関は運気の出入り口で、お客様が最初に足を踏み入れる場所でもあります。そんな玄関は、シンプルで清潔であることがベストです。玄関で住民の個性を主張するのもほどほどにしないと、家全体の運気が乱れます。なかでも、好き嫌いが分かれる物、たとえばドクロやホラーグッズ、特殊な趣味に関する物を置くのは避けて。たとえ本人のお気に入りでも、万人受けしない物はふさわしくありません。とはいえ、それらを処分するという意味ではありません。リビングなどの個性を出して良い空間に置きましょう。個性が強い小物は撤去しシンプルを心がけるようにしましょう。

 

× ゴミや古新聞の一時保管場所になっている

翌朝出すゴミや古新聞などを玄関に一時的に保管しがちですが、これは絶対にNGです。せっかく入ってきた良い気も、このゴミでよどんでしまいます。ゴミは集積所へ持って行く直前に、ゴミ箱から取り出しましよう。ゴミ出しの日が少ない場合は、玄関以外の場所で保管。特に新聞やダンボールなどの古紙は悪い気を吸いやすいので、絶対に玄関に置かないことが重要です。

 

玄関の方位別 家相・風水

玄関の方位

 

【北】

北は、とくに冬期は暗く寒くなる玄関なので、インテリア小物を暖色系にし、照明を明るくするとよいでしょう。一般住宅の北の玄関は嫌われますが、書店などでは本の焼けが防げるため、吉の玄関ともなります。北の玄関は、まずまずの方位です。主人の社会的な信用が高まり、事業でスタッフに恵まれる運がもたらされます。ただし陰の「気」が強いため使い方が難しく、詳細な方位は専門家に相談して決めてもらう必要があります。冬の寒気から病気になる可能性もありますが、逆に医師の家としては最適です。ただし主人が子年生まれ。一自水星の場合には凶となるので避けるようにすることが重要です。

 

【北東】

北東は、表鬼門の方位でもあり、暗く寒くなりがちで玄関 にはあまり向いていませんが、つねに清潔を心がけ、インテ  リアや照明で暖かい演出をしてください。雨や雪力乾きにくい場所なので、玄関タイルは滑りにくいものを使うと良いでしょう。この方位は一般の家庭ではできる限り避けてください。やむを得ない場合は、開閉部だけでも東か束南か南に設けて、東北にかからないようにすること。さらに必ず方位除けをしましょう。

 

【北東】

北西は温度変化が少なく、明 るい場所ではありません。冬は、北風の影響を受け、寒い 玄関になるので、照明やイン テリア小物で明るく暖かな演 出を。断熱ドアや風除け室を検討すべきでしょう。

 

【南】

東南に次いで、東の玄関と並んで吉となる方位です。南からもたらされるのは、社会的成功、地位名誉などの明るい運気。主人が知的な仕事や学術芸術方面で名を上げたいなら、南の玄関は最適です。より一般的な家族の幸せを願うなら、むしろ門を「南」に配し、玄関は「東南」寄りにズラせば福運が倍増します。ただし主人が午年生まれ・九紫火星の場合には凶となるので避けましょう。

 

【西】

西は西日の影響を受けやすく玄関は暑くなりがちで、風 通しも悪く熱気がこもりやすくなります。ホールや廊下などの窓を開け放ち、上手に玄関の熱気を逃がすとよいでしょう。使い方によって吉凶の分かれやすい方位です。丙は喜びや歓楽、金運をもたらす方位。うまく使えば金銭的に潤いますが、専門家に詳しく方位を見てもらう必要があります。逆に「欠け」のある玄関などにすると、家計の破綻も考えられます。一般に西の玄関は外に遊びに出たい気持ちを高めるので、家族の結束は弱くなりがちです。とくに主人が酉年生まれ・七赤金星の場合には凶となるので避けましょう

 

【西北】

東南、東、南の玄関が不可な場合は、選択しても構わないでしょう。ただし西北は「主人」の方位なので、本来は書斎や寝室に当てて静かに保つのが理想。玄関にすると、主人が仕事で忙しく家に居着かない傾向が出ます。専門家に相談して詳しく方位を決めてもらえば、主人が仕事で地位を得ることも可能です。ただし主人が戊年・亥年生まれ・六自金星の場合には凶となるので避けましょう。北西の玄関は浮気防止になると言われています。

 

【西南】

日本の家相で「裏鬼門」と呼ばれる方位で、扱いが難しいため、一般の家庭ではこの方位の玄関は避けてください。選択の余地がない場合は、せめて開閉部だけでも南に向けて西南にかからないようにした匕で、必ず方位除けを施します。

 

【東】

東南に次ぎ、玄関に向く方位です。門は「東南」が最適。東からもたらされるのは、発展を促す陽の「気」です。家族が若々しく健康に暮らすことができ、人づきあいも活発になり、社会的に人望を得やすいのが特徴。長男も立派に育ちます。ただし主人が卯年生まれ・三碧木星の場合には凶となるので避けましょう。

 

【東南】

最もおすすめしたい方位です。門を「南」、玄関を「東南」に配した家が最も幸運に恵まれるようです。東南の方位からは強い陽の「気」がもたらされるため、家族全員が外向的になり、家業は繁盛します。さらに、家の社会的な信用や評価も高まっていくでしょう。ただし主人が辰年・巳年生まれ・四緑木星の場合には凶となるので避けるようにすることが重要です。

 

【中央】

中央にある玄関は、光や風が入らないため、第一印象も悪くなります。湿気もこもりやすく凶相といえるでしょう。どうしても中央に玄関をつくるのならつねに清潔にし、風を通すように心がけてください。照明や内装を明るめにするとよいでしょう。

決定版 Dr.コパの家相と風水: 環境開運学としての風水大全

新品価格
¥1,728から
(2019/7/15 10:57時点)

 

玄関は家長の本命掛

玄関は、訪れる人に対してその家の印象を決定づけるたいせつな家の顔であり、すべての気の入り口です。明るくきれいな玄関からは、幸福であたたかい家庭が思い浮かびますが、暗く、汚れた玄関からは幸の薄い気配が漂います。常に掃除を心がけ、必要のない靴はしまって、できるだけ玄関を広く使えるようにしておきましょう。また、玄関は吉方位にすることが最優先です。

 

玄関で最もたいせつなのは「向きを家長の本命卦の吉方位に合わせる」ことですが、それだけでなく、玄関まわりを整え、きれいにすることで、よい気を家に呼び込み、運気をよくすることができます。ただし、玄関だけが立派でも、全体のバランスが悪くなってしまってはいけません。家やあなたの暮らしに合った分相応の玄関であることも重要なのです。

 

 

人と幸運を呼び寄せる玄関

  

人を家に招くときは家の中を整え、少しでも心地よく過ごしてもらうための心づかいをしますが、それは気も同じです。よい気を呼び寄せるには、玄関まわりの整理整頓はもちろん、よい気や人を歓迎する気持ちを表すことがたいせつ。門灯を明るくしたり、ポ−チに観葉植物を置くだけでもぐっと雰囲気は変わります。ドアの前に立ったときに「思わず入りたくなる玄関」をめざしましょう。

 

明るい玄関に「お金の気」は集まる

玄関は単に家の入口であるだけでなく、「お金の気」の入口でもあるのです。もしあなただったら、日の当たる明るい玄関と、じめじめした薄暗い玄関のどちらに入りたいと思いますか?当然、迷うまでもなく前者でしょう。「お金の気」だって同じです。金運をアップさせたいなら、まず家の玄関を明るくせよ、これに尽きます。

 

ただし、方位や設計の関係で日が当たらない玄関も、もちろんあります。そんな場合は、照明をつけて常に明るくしておくようにしましょう。また、本物のお日さまの代わりに、太陽の絵を飾っでもOKです。燦々とした陽の気を、取り込めます。あらためて言うまでもありませんが、玄関まわりは必ずきれいにしておくこと。いくら明るくても、散らかっていては何にもなりません。

 

 

玄関の方位は「仕事運」「周世運」を左右する

玄関は門と並んで家の顔になるとても重要な部分です。風水的に見るなら、玄関は家族の出入り口であるだけでなく、「気」の入口なのです。よい「気」が入ってくる方位に配し、「気」のパワーを十分に受ける家にすることが肝心です。玄関の方位による影響は、家庭の社会運に出る傾向が強くあります。特に主人の仕事運や出世運を左右するので、できる限り凶意の少ない方位に配するよう心がけましょう。

 

つくりとしては、家にふさわしいバランスの大きさにすること。開閉部を正中線エリアに配さないことが基本です。また安心して暮らすためには、玄関を開けてすぐに居住空間がダイレクトに見えないことも大切です。引っ込んだ玄関は「欠け」になるので凶。窓を設けると「気」の滞りが防げて理想的です。大切なのは、門と玄関を一直線上に配さないことでしょう。これは外からの強い「気」を直接入れず、やわらげて取り入れる工夫です。理想は門が「南」、玄関が「東南」の配置。同様に門が「東南」なら玄関は「南」か「東」、両方を「東南」にするなら門を東寄りに、玄関を南寄りにする……と、ズラすことが鉄則です。裏口も玄関と直線上に配さないのが基本です。

 

玄関の「オモテ鏡」で営業成績を上げる

営業などの人を相手にする仕事は、何よりも「見た目」が肝心です。と言っても、これはハンサムだとか、美人だとかいう意味ではありません。風水での「見た目」とは、容姿の美しさではなく、好感が持てるかどうか。そのためには清潔感と表情が大切です。営業の仕事をしている人は、玄関に小さな鏡をかけておきましよう。そして毎朝、出かける前に、鏡をのぞいて表情チェックしましょう。

 

ただし、このときに注意しなければならないのは、必ず「オモテ鏡」を使うことです。「オモテ鏡」とは、自分の一番いい表情を映し出すこと。鐃は気をはね返す力を持っていますから、落ちこんだ暗い表情を映すと「ウラ鏡」となって自分に返ってくるのです。その反面、明るい笑顔を「オモテ鏡」に映せば、それは何倍にもパワーアップして自分に返ってくるでしょう。

5インチ コンパス 風水コンパス 風水グッズ 羅盤 祈祷師 開運 財運 風水アイテム/置物 飾り物/開運

新品価格
¥1,799から
(2019/8/15 15:20時点)

玄関に向く方位・向かない方位

凶方位の玄関

玄関の方位が一家の幸不幸を左右する

玄関は、外の社会と家庭との境界線であり、運気が出入りする大切な場所です。その玄関が吉相であればよい運気を迎え入れることができますが、凶相になっていると、大きな災いに見舞われることになります。家の間取りを考えるときに、最初に位置を決めるのが玄関です。門の位置は敷地の向きによってある程度決まってしまいますが、玄関の位置についてはよく検討し、少しでもよい方位に構えるようにしましょう。

 

北の玄関は招かざる客を招く

北の門は昔から「泥棒門」として忌み嫌われています。北の玄関は、とくに子の方位にあると泥棒や悪徳商法の勧誘員などの招かざる客を招いてしまう大凶相となります。もし、北にしか玄関を設けることができない場合は、できるだけ門を西寄りに移動し、玄関は西北または東に置くようにしましょう。

 

東北の玄関は家運を衰退させる

鬼門である東北は、玄関には大凶方位となります。神聖な気が人の出入りで乱されるため、凶意が降りかかり、家運が衰退します。玄関を東北に構えるしか方法がない場合は、できるだけ東寄りに門を置き、玄関は東や束南に設けるようにしましょう。

 

東の玄関は家運を上昇させる

朝日が昇る東は、玄関を置くのに適した方位です。住む大を意欲的・活動的にしますから、家運も発展するでしょう。ただし、門と玄関を一直線上に置くとその運も逃げてしまいます。玄関はさらに東南寄りに設けるとよいでしょう。

 

東南の玄関は」家繁栄の相

東南の門は「巽門」と呼ばれ、一家繁栄や商売繁盛を招く大吉相とされています。交際運・社交運が高まり、良縁のチャンスなどにも恵まれます。しかし、門から直進したところに玄関を置くとその運気も遠のきますから、門と玄関は少しずらして設ける必要があります。

 

南の玄関は午の方位を避ければ吉

南の玄関は成功運を高めますが、午方位だけは避けたほうがよいでしょう。午方位を避ければ、目上の人の引き立てに恵まれ、知識や教養、美的センスなどが磨かれます。学問や芸術的な分野で才能を発揮することもできるでしょう。

 

南西の玄関は家族間のトラブルを招く

南西は裏鬼門であり、玄関を置くのは大凶となります。家族の仲が悪くなる、女性の健康運が衰退する、事業運が停滞するなど、さまざまなトラブルに見舞われます。玄関はできるだけ南寄りに構え、玄関もできるだけよい方位に設けるようにしましょう。

西の玄関は吉凶半々

西の玄関は、交際運を活発にする作用があり、商売を営んでいる家庭には吉になりますが、一方で金銭の出入りが激しくなり、恋愛関係のトラブルも起こりやすくなります。こうした凶禍を防ぐには、玄関はできるだけ西北寄りに設けて、玄関は門から直進しないところに置くことが大切です。

 

西北の玄関は乾の方位を避ければ吉

西北に玄関を構えるときは、乾の方位を避けるようにしましょう。乾の方位に門や玄関があるのは一家の主人の運を衰退させる凶相ですが、乾の方位を避ければ、逆に一家の主人の仕事運を高める吉相となります。

※浮気されやすい家相

※「張り」「欠け」の考え方

 

 

玄関の方位が吉凶のカギを握る

凶方位の玄関

 

玄関や窓は、住まいに陽の気を迎え入れるところです。玄関は、太陽の光や風を住まいに取り入れるところ、風水家相的にいえば、陽の気を住まいに迎え入れる大事な場所です。玄関は外の社会とプライベートな空間を区切る場所ですから、明るく、ゆったりした雰囲気になっていることが大切です。どんなに方位がよくても、暗くて陰気だったり、ものが乱雑に置かれているようでは、せっかく迎え入れたよい気もよどんでしまいます。

 

玄関は東や東南、南にあるのが吉

●北の玄関は広くて窓がなければ中吉

北に位置している玄関は凶相で、とくに子の方位にある出入口は人凶相です。北に玄関がある場合は、ゆったりとしたスペースで、窓はないのが条件です。

 

●東北の艮に玄関があると家運の衰退を招く

鬼門である東北は、玄関も窓もいっさいないのが理想的です。とくに艮の方位に玄関や窓がある場合は、家運の衰退を招く凶相となりますから、避けたほうが賢明です。

 

●東の玄関は発展運を高める

東に玄関があるのは大吉です。よい気を迎え入れることができ、意欲的になり、発展運が高まります。

 

●東南の玄関は交際運を上昇させる

東南も玄関や窓には最適な方位です。交際運や対人運が高まり、家運が上昇します。

 

●南の玄関や窓は成功運が高まる大吉相

南の玄関や窓は、芸術などの才能が豊かになり、名誉運や成功運が高まる大吉相です。

 

●南西の玄関や窓は大凶相となる

女鬼門の南西に玄関があるのは大凶相となります。とくに坤の方位にある玄関や窓は、その家の男性の総合的な運を低下させ、女性は外出がちになります。

 

●西の玄関は商売人には吉相

西の玄関は吉凶半々です。人との交際が活発になり、その分お金の出入りも激しくなります。商売をやっている人であれば繁盛します。西の窓から入る西日には人をルーズにする作用がありますから、窓はなく、壁でふさがれているのが吉相となります。

 

●西北の玄関は一家の主人運を上昇させる

西北の玄関には一家の主人の運気を高める作用がありますが、広く、落ち着きのあるつくりになっていることが条件です。


トップへ戻る