「階段の風水」 玄関入ってすぐと裏鬼門は避けるべし!!

階段風水ポイント

 

 

階段は家の中でも事故が起きやす い場所です。年間約800人以上の人が階段で転倒して亡くなるといわ れています。どの方位につくろうとつねに危険性がつきまとうのが階段ですから、凶相にならないように安全性重視で設置すべきです。       

 

 

「階段」の風水・家相 

昔から家の中央にある階段は大凶 とされています。これには明るさという科学的な根拠があります。家の中央は窓がなく暗い場所のため、踏み外しの事故が起きるので嫌ったのです。照明器具を取り付ければ問題 はない、と思われますが、急いでい るときなどは照明をつけ忘れて転倒しやすいのです。安全な吉の階段とは、窓から自然 光が入る明るい場所につくられた傾斜がゆるやかで、踏み面が広く、無理な曲がりのない階段です。途中に 踊り場のあるU字型やL字型階段は、転倒しても踊り場で止まり、直行階段のように一気に階下まで転落する危険性は低く安全です。さらに、足 元が暗くならない位置に照明器具を設置し、寒い冬でも冷たさを感じない木製手すりやすべり止めを取り付 けるなどの安全対策がきちんとされた階段が望ましいのです。そして、なによりも大切なのは、階段は危険な場所と認識し、普段から注意してゆっくり昇り降りするこ とです。

 

※浮気されやすい家相

※「張り」「欠け」の考え方

 

玄関を開けてすぐの階段はNG

2階へ通じる階段が、玄関のドアを開けてすぐに見えてしまうのは思わしくありません。防犯上も無防備ですし、何よりも玄関から入ってきた「気」が1階にまわらず、そのまま階段を通じて2階にいってしまうのが心配です。また、北向きの玄関の場合は、寒気が家族の健康を害する恐れもあります。

 

中央の階段には注意が必要

階段を家の中央に設ける場合には、家の「中心」を侵さないことが原則です。階段というのは、上がり囗と下がり囗に「穴」があるもの。つまり家にとっては一種の「欠け」の意味になります。家の巾央が「欠け」ると、一家の主人の健康に影響する可能性が。ですから基本的には家の中心にかかる階段は避けることが重要です。特に2階の踊り場が中心に来ないようにしてください。

 

階段下のトイレは避ける

階段を降りきったところにトイレがあるのはNGです。理由は不浄な「気」が2階にそのまま上がってしまうため。悪臭だけでなく、湿気の通り道にもなるので、長い目で見ると家族の健康に影響が出る心配があります。

 

絵を飾りましょう

階段も汚れとよどんだ気がたまりやすい場所。廊下と同じように、明るい雰囲気づくりを心がけましよう。踊り場に窓があるのが理想ですが、ない場合は絵や写真を飾るなどして明るさを演出しましよう。ただし、階段は事故の起こりやすい凶意の強い場所でもあるので、廊下のように飾りすぎる必要はありません。

 

段板には滑り止めを

すべりやすい階段には「滑り止め」をつけるのを忘れないでください。階段は家の中でもとくに事故の起こりやすい場所。今だけでなく、家族が年をとったときのことまで考えて、安全対策には手抜かりのないように。

 

 

階段の吉凶ポイント

階段風水ポイント

 

【吉】リビングにある階段は吉

階段がリビングにあると、家族が自然と顔を合わせることができ、また、リビングのよい気を全員が受けられるため吉です。ただし、家の太極は避けることが大切です。

 

【吉】曲がった階段は吉を呼ぶ

直線の階段は、よい気も悪い気も一気に昇っていってしまうため、凶相といわれています。最初の段と最後の段の向きが異なっている階段が吉です。

 

 

階段の凶作用の防ぎ方

大凶方位に階段があると事故や災難が降りかかると考えておきましょう。階段は、住まいの中でもっとも事故が起こりやすい場所です。階段を設けるときは卜分な明るさと広さを確保し、できるだけ傾斜をゆるやかにして転落を防ぐようにしましょう。手すりや滑り止めをつけることも大切です。階段も「欠け」とみなされ、凶方位はあっても吉方位はありません。大凶方位に階段があると、思いもかけない事故や災難が降りかかることがありますから、慎重に位置を決めるべきです。また、階段の向きや形などにも注意しなければなりません。

 

階段の凶意は防ぐことができる

階段の運気

 

●宅心には階段を設けない

階段に宅心があるのは「中心欠け」という大凶相です。仕事面や健康面などで一家の主人に悪影響を及ぼし、家族の運も衰退してしまいます。

 

●鬼門と正中線上も大凶相

宅心のほか、東北(鬼門)、南西(裏鬼門)、各方位の正中線上に階段があるのは凶相となります。これらの位置に階段を設けることは避けなくてはなりません。

 

●階段は陽の方位へ降りるのが吉

階段は、東や東南、南などの陽の方位へ降りるのが吉となります。北や束北に降りる階段は、陰気を2階に上げるため、凶相となります。

 

●玄関へ直進する階段は凶

階段は、玄関やリビングなど、住まいの「表」となる部分へ向かって降りるのは吉ですが、まっすぐ玄関に行き着く階段は、外からのトラブルを取り込む凶相となります。まっすぐにならざるを得ない場合は、階段の上がり口に角度をつけ、陰気が直接昇ってくるのを防ぐようにしましょう。

 

●トイレや浴室と向かい合う階段は凶

トイレやキッチン、浴室など、陰気の強い場所へ向かう階段も、陰気を2階へ呼び込む凶相となります。家族が病気がちになり、男性の運も不安定になるため、安定した暮らしを営むことができません。

 

●回り階段やらせん階段は凶

コの字型の回り階段やらせん階段は、気が滞りやすく家族の運が安定せず、凶相となります。一直線の階段か、L字型の階段を設け、気がうまく流れるようにしましょう。

 

●暗く狭い階段は凶

廊下と同様に、暗く狭い階段はそれだけで凶相になります。窓から光が入り込む場合でも、夜間は暗く、危険度が高まります。天井灯だけでなく、足元灯もつけるようにしましょう。

 


トップへ戻る